読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足跡がのちに道となる

note rn
 
 
このブログに移動して半年、最初は試しに書いていたけれど、これからも廉くんを少しでも好きで居る限り 私の気持ちのやり場はここに。
今のアカウントでは色々叫びにくくて叫ぶ専用のアカウント取得するぐらいで(いつまで続くかな 笑 )周りの目を気にしすぎてるんだろうけど、それでも自分が同じ立場になったらきっと良い気はしないから。逃げているのではなくて私も周りも傷付けずに過ごしたいだけ。ヲタク事は趣味や息抜きの一つのはずだから、そこに余計なマイナス要素は要らない。
理由はそれだけじゃない。嬉しそうにハイテンションにツイートしている人が私ぐらいしか居なくて、なんだか居辛い…。自分が居座っている周りにスペースがあって自分だけ浮いているような気がして、なんとなくツイートしにくい。だったら壁打ちの方が良いかなってアカウント取得した。ま、それだけのことです。

ところで地味に更新してきたけど、後から書き直したくなるような内容もあって安定の私です(おい)
来年は忙しくなるので今年みたいにふらっと現場へ赴いたりブログを書くことは難しくなるだろうけど、細々(ほそぼそ)と応援できたらと思います。
 
本年はありがとうございました。
来年もご自愛のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 
 

今年は自分の予定とヲタク活動を上手く両立できたかな。
行きたいと思ったものにはちゃんと参加できたし、観に行きたい舞台や美術展にも足を運べたし、日頃の糧も頑張りました。

直近で言うと、なにキンのXmasコンサートは7公演中2公演しか見れなかったけれど、割り切ったら全ステ(多ステ)出来なくても行きたいとか悔しいとか全く思わなかった。
私も成長しましたね(笑)
セクゾンの握手会まいジャニvol.1とvol.2(なぜか全ステ)春の松竹全国ツアーは行けたし、夏の松竹も飽きるギリギリまで(笑)行ったし、日生も見れたし、冬の松竹にも行けたし。それに山下も姿を見たいだけ見た。
好きな時に好きなだけ、と言うより見たいと思った時に姿をベストなタイミングで届けてくれた、ちょうどタイミングが合ったんだと思います。
十分すぎるほど。恵まれていた一年でした。

どの担当さんも思っているんだろうけれど、私が応援している人達は全力でお仕事に取り組んでくれて、かっこよさと可愛さを兼ね備えた誇らしい人達ばかりです。ちょっとした自慢(笑)
まぁ自分のことじゃないというのが情けない話ですが。あと誇らしいとか何様だとも思いますが。
本当に素晴らしい子達なんです!!!って言いたいんだけど上手く言えない残念な例だと大目に見て下さい(笑)

話を戻して。今年の現場は新春のセクゾンから始まりました。
今でも健人さんのあの言葉は覚えていて、時折思い出しては上手く自分を出せているかな?上手くやってるかな?と思いを馳せたりします。
それとキンカンとなにわのことも思い出します。
まいジャニを見てたから自然と贔屓していたのかもしれないけれど、周りのヲタクが彼らが歌い出した途端に座り出したことを今でも鮮明に覚えています。
視界良好になったのはラッキーだったけれど(苦笑)悲しかったなぁ…見てあげてよ!と心の中で思って、皆が見ないなら私はその分この子達を見る!って変な使命感に燃えて(笑)彼らが歌い踊る姿を眺めていました。
興味ないのは仕方ないし、興味ない対象への気持ち?はわかる。だから強くは言えないけれど…。
重岡さんが花道を歩いた時、周りは夢中になって手を振っていて違いを見せつけられた気がしました。*1
と言っても、今じゃ全く違う反応が返って来るかな?
その日流星ちゃんがセンステから外周へと伸びる花道に立ち止まってしまっていたのを康二くんが後ろからやって来て行くぞ!というような感じでトントンと背中を叩いたことも覚えてるし、MCで一生懸命入ろうと健人さんに絡んで行く康二くんのことも覚えてる。廉くんがまだ小さくてとことこ花道や外周を小走りしていたことも覚えてる。照史が来て少し安堵したとともに背筋を伸ばして程よく緊張してるかねこじの姿も覚えてる。。。
実はこの時からすでに私の心はなにキンの方へ向き始めていると感じていました。
しかし意外と覚えているものですね!
逆にまいジャニvol.1の記憶は薄いです(笑)それと全国ツアーも(笑)
なんで!と覚えていない自分を恨んだりするのだけど、楽しければ楽しいほど夢中であれば夢中であるほど私には抽象的な印象だけが残るみたいです。

そんな感じだから応援を続ければ続けるほど応援すればするほど抱えるものが自然と増えて大切にしたいものが気付かないうちに零れ落ちてしまうのではないかと不安になります。出来れば全て抱えて生きたい(行きたい)のになぁ。。
私は上手く?正しく?応援できているのでしょうか…
可愛い可愛いってこねくり回したり心配不安大丈夫?ってモンペのように想ったり重量系で(苦笑)
そんなに入らないくせして かなり重くてどうしたら(悩)と前に一緒にコンサート入った方に話したことがあります(迷惑)
いつしか小さな小さな薄く細い折れそうな背中に色々背負わせてるのでは‥‥
好きになるとどんどん重くなっていく気質で、こういうところが本当に嫌い。ここだけは成長できなかった。いい大人なのに。。
来年はもう少し軽くなることを目指します(笑)
自分の愛で方によく自信をなくしがちだし応援スタンスを上手く掴めないタイプ。それゆえ気分の上下が激しいので、そこも駄目だなぁと思うところの一つです。
でも今の私には廉くんしか見えなくて、雑誌を開けば真っ先に廉くんのページを探すし一言一句逃さないように読むのは廉くんの記事だけだし、レポを探す時には「永瀬」や「廉」の文字が入ったものを見つけようとするし、コンサートや舞台を観に行ったらいつ廉くんが登場するのかドキドキそわそわして出て来たら視線を必ず廉くんに注いでるし、TVを見ていても廉くんの姿を探して追うし、先輩達の映像等を見ていたら廉くんにやって欲しい!といつの間にか廉くんのことを考えてる。
だから当分離れられないんでしょうね。

 
私が今年出逢った思いやりのある優しい男の子は来年どんなふうに成長・変化して行くんだろう。
まいジャニvol.2前後ではだいぶ悩まされたけれど、悩みの種として扱っていたことはたぶん廉くんがお仕事に慣れきた表れだったんですよね。良い意味で「廉くんらしさ」「廉くんの素に近い部分」を出せるようになった。それってとても喜ばしいこと。
上手く喋れなくて口数が少なくて、シャイと言うより「暗い」とまで言われていた男の子が楽しそうに弾けてるんです。弾けるようになったんです!凄い進歩ですよね。
そうだとしても手を抜いているところが見受けられたのもあって、当時の廉くんをなかなか受け入れられなかった。
今振り返って考えてみると、そこまで悩む問題ではなかったとわかるのだけど当時の私にとっては大きな壁にぶち当たったも同然でした。廉くんを応援して初めてぶつかった壁。
その時の私に「大丈夫だよ、すくすく素敵に成長して行ってるよ!」って今の私から伝えたい。
なぜこんなに悩み唸っていたのかというと、本人のことを完全に理解すること・全てを知ることなんて出来ないのは重々承知しているけれど、好きだから 応援してるから出来るだけ理解したいという気持ちが強かった(強い)からです。*2
要は私の廉くんへの理解が足りなかった。
そして無事に乗り越えられたのはやっぱり廉くんが成長したことも大きいと思います。
下半期急激に立ち位置が変化して、廉くんもきっと大変だったんじゃないかな。*3
大人から求められてることに追い付いてなくて空回りを引き起こしてる感じだった。
今は少しずつだけど良い塩梅というか程良いリアクションや表現等が出来るようになってきていると思います(誰)だいぶナチュラルになった(笑)
そうやって少しずつ自分のものにしていく(身の丈に合ったものにしていく)というか自然と覚えて行く姿はとても愛おしいです。
何より根本的なところは変わらなくて*4見た目がぐんと大人びても取り巻く環境・状況が目まぐるしく著しく変化しても、思いやりがあって優しい*5のはそのままだった。
その優しさに触れる度に嬉しかった。
だから疑う必要も嘆く必要も悩む必要も本来ないんですよね。

こんなことを長々と書いている今もきっと廉くんは成長し続けてるんだと思います。
X'masコンサートで見た廉くんには堂々とした雰囲気があって風格のようなものが出てきていました。
まるで何か覚悟を決めたかのよう。存在感があって自信に満ち溢れていた。*6
ここ最近のまいジャニのショータイムを見ている時に廉くんの纏う空気がほんの少し変わった気がして、早く自分の目で確認したいと思っていました。
そして実際この目で見て あっ何かが違う と感じたんです…!
メインとしてステージに立っていてもおかしくない、相応しい雰囲気。
どっしりとしていて、ステージやセットに引けを取らない。
ようやく松竹座というステージが似合うようになってきていました。
私はまだ他の関ジュ(兄組)と一緒の廉くんを見ていないので確信を持っては言えないのですが、オーラが変わった!
今度廉くんとお兄ちゃん達を一緒に見る機会があれば、その感じたことがより確かなものになるんじゃないかと密かに胸を高鳴らせています。

この先どんなことがあっても出来るだけ 彼らしさ を失わずに居られますように。







書き始めたら無駄に長くなってしました。意味不明すぎますね(苦笑)もし最後まで読んで下さった方がいらっしゃいましたら、本当にありがとうございました。





 
 
 
 

*1:当時この違いはセクゾンにも言えた

*2:重いうえに気持ち悪い

*3:こういう想像をしてしまうのも良くないってわかってるよ

*4:人間早々簡単には変われないしね、良い意味でも悪い意味でも。

*5:ヲタクへ優しいということではなくて、人として周りの人への態度のこと

*6:ソロの時は別として