読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなんさGoogleで調べろや!


まいジャニin東京にれんしょ出たああああ!!!
まいジャニの東京出張があるという宣伝を少し前に見たものの、きっと出ないんだろうな(出させない)と期待してなくて、ううん期待するのが怖くて出ないと考えると出てないとわかった時のダメージが減るので出ないと思い込んでた。だからリアタイするのもやめて。
そしたら、出た!!!!
嬉しくて言葉にできない。


こんなに一気に喋り方も態度も元に近いくらい戻るものなんだなぁ…
いや、もしかしたら普段は変わらずこんな感じで人前に出てくる時は装備してるのかもしれないけど。
ほんと れんれん だったよね。
そりゃ昔よりも随分と冷静に落ち着いて話していたし、考えて発言するようになった。
でも、れんれんだったよね。

無茶振りされてイジられてそれに対して「もぉ〜」って感じを出しながらやってみたり、クシャッと笑ったり、突っ込んでみたり、口元に手を当てたり、頭をクシャクシャ触ったり掻いたり、アホみたいな顔してたり、上半身を前後に揺らして落ち着きなかったり、脚組んだりね。

久しぶりに可愛いな〜って思った。自然体だった。にこにこ元気そうで楽しそうだった。
あぁれんくんってこんな子だったなぁって思った(笑)


「ジャニーズ歴は4・5年かな。何年?何年何年?」
相変わらず覚えてない(笑)同期の大吾りんに聞いてる(笑)聞くなよwそろそろ覚えて(笑)

特技に「眉毛ががすぐ黒くなる」って言ってて笑った。
眉染めた?茶色?って見てたのに次見た時には黒いから眉マスカラかな〜と勝手に思ってたら、まさかの染めてるのにすぐ黒くなるだった(笑)
ブリーチしたらいいと思うよ!(笑)

「それはまじで言ったあかん」って人差し指で指して突っ込むところ、まじれんくん!
大体人差し指で指して言うんだよね(笑)

「それにしといて」って言った時のまろやかで優しい声が懐かしくてたまらなかった。
れんくんって妥協と言うか人に寄り添ったりする時はほんの少し高くかつとてもまろやかな優しい声になる。

「お!まじ!?なんで?」って長尾くんに聞く時もやっぱり声が優しくてまろやかで。
14年の冬ぐらいだったかなぁ後輩に対しての接し方や話し方がこんな風になったの。
元から優しかったけど、その頃から更に温かくまるくなった気がする。

「高いもん買ってるだけやから!」って大吾りんに突っ込まれてて盛大に笑った。
もう皆にネタにされてるんだな(笑)

「頑張ってね、舞台も」って最後の最後に付け足すように言ってたけど、夏のアナザーのことかな。
そういうとこまで気を回すところが好き。

紫耀さんの舞台の宣伝が終わる少し前くらいに顔の位置に手を持ってきて拍手する準備してるし、宣伝終えても舞台の話続けてる横で袖をまくり上げながら腕を触ってるところがれんれんらしくって可愛いし愛おしい。

久しぶりにれんれんらしいトークやを姿見れて嬉しかった。


股を開き膝に肘をつくことが増えていたけど、そういえばれんくんって話す時その態勢で話すこと多かったな〜って思い出してた。
最近バラエティでトークする姿見なくなったから全部が懐かしく感じる。
あと足を組むこと。良くないことだけど癖なのか前からちょくちょく組んでたよね。
そしたら「お前は脚を組むんじゃない」って康二くんが注意してくれてて、注意してくれる人がいてよかったって思った。
注意してもらえるうちが華であり、そういうことをきちんと言ってくれる人がいるのは大事。
れんくんは半分ヘラヘラしてたけどさ。れんくんのことを考えてくれてるからこその言葉。
同時に、東京ではこういうことをちゃんと言ってくれる人は居るのかなぁってちょっぴり不安になってしまった。


道枝くん長尾くん恭平くんの3人の目には、れんくんはどんな風に映ったかな?
まいジャニで3人が受けたオーディションも見に行ってたし、14年のクリパと15年の春松竹は共演したよね。
最後に同じステージに立ったのは15年のセクゾンのツアーセクパワコンの城ホールかな。別枠だったけど。
その頃と比べてどんな印象を持ったかな。

そういえば、連れて行かれるはずの紫耀さんが長尾くんと道枝くんの腕を掴んで逆に連行していく姿がとっても紫耀さんだなって思った(笑)
紫耀さんの距離の詰め方と言うか接し方。
それも懐かしかったな。



まいジャニだからどういう構成で来るんだろうって不安に思ったけど、普通の感じで安心した。
「俺らが新幹線で来るだけでもパンパンやねん」「6人おるからな」というやり取りに昔も6人で東京に来てロケしたねと勝手に古傷を抉りそうになったけど(笑)それは私が勝手に思ってしまったことなので全然大丈夫。
「誰がゴリラや!」「懐かしいゴリラ!」ってやり取りも微妙に切なさを感じたけど、それも私の勝手。
だから、普通の雰囲気!
れんくんが上京した時これから関西ではアウェイになるんだろうかって心配したけれど、変わらずの空気感があってよかった。
そして、そこまで騒ぐ程の構成や演出がなくてほんとよかった。こういう時に出てくるキング派なにきん派の諸々が苦手すぎて(笑)
また何かの機会に出演できたらいいな〜って、そんな感じ。

来週も出るのかな?わからないけれど、今週出してくれて本当に本当にありがとうございました。







何ていうかね、れんくんは中立を保ってたなぁって思ったよ。どちらにも肩入れしてないと言うか。
楽しそうだったし笑顔もたくさん溢れていて自然体に近い様子で話してて、でもね、やっぱりもうカラー(醸し出す雰囲気)は東京。染まってる。
それでも話せば関西寄りと言うかリアクションの仕方が昔っぽくなるし、相手が関西人だから関西弁が増える。
幼い頃に共に過ごしてきたメンバーだからズケズケと物が言える。当然のことだと思う。
けど、今のメンバーのことも忘れてなくて「17だよね?」と聞かれて「うん」と頷くし、「ポエムっぽくできる」と言ったら「やめとけ、それ。俺知ってるけどまじでやめた方がいい」って”うちのメンバー感”を出して来る。
今は自分がキングの一員であることを自覚してるように私は感じた。
今のれんくんならわかってると思う。

これらは私の主観で本当のところれんくんが意識してるのかしてないのか何を思ってるのか考えてるのかわからない、でも両方を大切にしてるのはわかる。
だって、れんくんは今も昔も一つ一つの出会いを大切にする子。
これからも抱えて歩んで行ってくれる子。
思いやりがある子。
そんなことを久しぶりに感じた放送でもあった。




サラストれんれん最強!
端正なお顔がすごく際立っていて好きしかない。
きゅっと上がった口角が変わらなくて、またまた好きになる。
話してるれんくんは可愛くて可愛くて好きでたまらない。
ほぼすっぴんで作ってない髪型なのにとってもかっこよくて、さすがれんくん!ってまた惚れ直した。
かっこいい。

いや、惚れ直したって我ながら気持ち悪いな(苦笑)
ここのところれんくんのことで落ち込んでへこんで色々悩んでばかりだったけど、もっと前向きに好きでいれたらいいなって思った。

大好きだよ。