読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過去になりゆくもの。


セクゾンのコンサートにお邪魔してきました。
感想を書く前に少し先に別のことを書いておこうと思う。


最初の方で勝利くんが「関西ジュニアから大西流星」と大西さんを紹介した。
勝利くんの横にはれんくんが居る。
並びで言うと、下手から れん 勝利 大西。
その紹介を受けて、勝利くんの隣でれんくんは大西さんの身長ぐらいまで屈んで嬉しそうにパチパチと拍手する。
とっても嬉しそうだったし、何よりその時だけ「以前の」というか『なにわ皇子で固まってた時の』悪ガキれんれんが垣間見れて愛しかった。好きしかなかった。
リアセクで外周にあるサブステ上に居る大西さんのところにやって来るれんくん。ステージの上から大西さんが手を広げて、れんくんも手を広げて、れんくんがステージに上る瞬間にぎゅううううとハグ!!!
れんくんはしばらく大西さんを離さなかった。
そしてれんくんから肩を組んで少し歩いてから離れる。
その後もレディダイで外周を走る大西さんにれんくんからぎゅっと抱き締めるようにハグ!
りゅちぇれんのハグが愛おしくてたまんなかった。好きだ。
それぞれの位置が変わって別々になって、だからこそ余計に愛おしく感じる。ぎゅうっと他の子の時よりも長く強く抱き締めるれんくんが印象的で本当にりゅちぇれんが大好きだ。
翌日も向かいから走って来る大西さんを捕まえるかのように腕を回して抱き締める。離れて行くれんくんをチラリと振り返る大西さん。
離れてからわかる、失ってからわかる、と言わんばかりにこの前から大西さんに甘えて可愛がって何度もぎゅっとハグする。そんな関係がたまらない。
尊いなんて本当は言いたくないし苦手だけど、すごく尊く感じる。

前は同じ衣装を着ていたし同じ衣装を着なくなっても同じ位置にいたり括りにいたりしたのにって、外周ですれ違う度に衣装も違って括りも位置も違うりゅちぇれんにぎゅうっとなる。
それでもまるで変わらないかのように、それどころか前より親密な姿を見せるから、なんだか涙が零れ落ちそうになった。


れんくんがメインバックの後ろで踊っている関ジュ達*1をチラチラ見ていて忘れてないのだなぁと勝手に思って勝手に胸の奥がぎゅってなった…ほんと勝手な話。
そこだけ見たら何も変わらないように見える。一瞬でタイムスリップしたような気分。

けど、そんなのはやっぱり気のせい。
大西さんがどこにも所属せずにお城で孤高に存在していて、関西ジュニアを背負い外周をひた走り先陣きってパワフルに踊り下の子の様子を伺い関ジュ内でセンターを張る姿に泣きそうになった。
周りに歴が上の子や同じ年齢の子や年上の子もいても、大西さんはあらゆる意味で別なんだよね。
それだけ期待されてるってことだし、それだけ熟せるって思われてるってことだろうけど、中2でたくさん任されてるなぁって。
それについこの前までしょうれんと一緒だったのに別で動いていることに余計涙腺が刺激された。

大西さんがhey youのバックで関ジュのセンターということに胸熱。関ジュを引き連れる大西さん。
勝利ソロでは初めにセンステで一人でロックダンスしてから花道に関ジュが並んだ先頭で踊ってたし、様々なところで14年組の子達が把握できてるか気にしてて頼もしかった。
お兄ちゃんとして先輩として頑張ってたかっこよかった。
春松竹の千秋楽でフレジュに同世代が入ってきて複雑に感じてるという告白を聞いた後に見る一生懸命な姿に大西担でもないくせして泣きそうになった。
大西さん素敵だったよ!
それでも最後大西さんはチビジュ達と同じ赤いノースリーブの衣装に白のハチマキ巻いてて、ほんとジュニアみたいで*2すごく小さく見えて可愛くて愛おしくて、たぶんきっとそれが等身大の姿なんだろうけど、だからこそ日頃や先程までとの差に大西さんをぎゅっと抱き締めたくなった。 


hey youの時に大西さん紫耀さんが横を通り過ぎて行くのをぼーっと見てて、でも紫耀さん気付かず、すれ違いに胸が押し潰されそうになった…
大西さん階段上る順番迫ってるのに紫耀さん見すぎて遅れかけて小走りになったんだよ愛しすぎる…。
普段紫耀さんに塩対応とか言われてるけどこっそり気にしててたまんないよ…

れんくんよりはかなり少ないけどなんだかんだ紫耀さんもちょっかいを出してる時もあったみたいで、りゅちぇしょう・りゅちえれんお互い意識し合ってるっていうのが何とも言えない…


私はれんくんが居ればそれでいい系のファンだけど、もっと見たいって思ってしまった。愛しいと思ってしまう。なんでだろ…
可能性が低くなるにつれて気付くことが増える感じることが多くなるなんて情けないな…何もかもほんと意地悪だね(笑)
絶対なんて不変なんて永遠なんて有り得ないのもわかってるのにな。。
特にジュニア担なんてそれが覚悟の上だし、宿命とまで言われるのに涙が溢れそうになる。
ほんと色々実感がわかないことが春から細々と連続して起きていたけれど、昨日今日で目の前に出されて、ようやく気付くというかこういうことなんだってわかったというか…
でも気持ちも現実も全部どうしようもなくて苦手な尊いという単語を使ってみたり愛しいという感情で無理矢理にでもまとめるしかない。

これからどうなるんだろう…って頭の片隅に浮かび続けてる。


そして現在、最後の出演者紹介で当然れんくんはメインバックの子達と同じく「ジャニーズJr.」として紹介されている。



*1:特に仲良くなったと挙げてた子やAぇや大西さん

*2:ジュニアなのは当たり前だけどあまり見ないから