学生生活を振り返る



ポポロで修学旅行のお話が出た。
本人から聞けるって有難いことなんだろうけれど、ちょっと微妙に感じてしまった。
ここで言及しなければ、修学旅行を早退してコンサートに参加したことを知らないまま終わった人も居たんじゃないのかな。
たとえ廉くんのファンであっても、みんなが皆廉くんのこのことについて知っている訳じゃない。廉くんのファンじゃなかったら、余計に知らないのでは。
この話を読んで逆にマイナスの気持ちを抱いてしまう場合もあるんじゃないだろうか。
本人はファンに教えるためじゃなくて、こういう迷った悩んだことがあったよ!って軽い気持ちで振り返ってるんだろうけどさ。

私は修学旅行を切り上げてコンサートに出たことをずっと「かっこいい」と思っていたし、そうやってお仕事を優先に考えてくれていることを嬉しく思っていた。
当日は来てくれてありがとうって何度も感謝したし、姿を見た瞬間は涙が零れた。
MCで修学旅行の話が出た時にごめんねごめんねって申し訳なく思った。
けど、今回のことで来てくれたことを喜んで居た自分や当日のことに関して色々少し複雑に感じた。

気持ち悪いヲタクの考えでしかないのだけれど、せっかく同じ時間・同じ空間を共有するのだからお互いハッピーな気持ちで過ごしたいし終えたい(過ごして欲しい終えて欲しい)
だから「コンサートもすごく楽しかったので問題ないです」と述べられていても「心残り」というところにちょっぴり胸の奥が痛んだ。

何だろう…アイドルなら全てを墓場まで持って行ってくれと私は思う派だからかな。
知りたいこと・知りたくないこと・知らなくていいこと、ってあると思う。
その中で私にとって今回のことは「知りたくないこと」だった。
みんなが知って涙が止まらないなどと言う中、私は知りたくなかった。

完全プライベート*1は範囲外だと思っていて、だからこそ本人にも言及して欲しくない。
綺麗なまま(ヲタクが想像したまま)思い出を取っておきたい夢だけ見ていたいなんて我が儘だろうし、好き勝手想像や妄想に憶測まで本人に重ねるくせして何を言ってんだって話だけど、それでもファンの心を惑わすような完全プライベートに近い話は読みたくなかったな。。

何より"裏事情"感が強いから避けたいのかも。
裏事情って人の心を揺さぶることも乱すことも出来る。
人間の心理を突いているようでとても苦手。


でもね、名古屋に居てくれて嬉しかったと思ったのは当時も今も本当だよ。
きっと選択肢なんてないに等しかっただろうけど*2、ステージ上で楽しんでる姿やイキイキした表情を見せてくれたこと*3も嬉しかった。
ありがとうね。



愚痴に近いことを書いてしまったけど、
この前関西ローカルのピーチケで春松竹の先行販売があり、その時に関西ジャニーズJr.の注目メンバー紹介VTRも流れました。
7人が抜けてもまだまだ多く関ジュは居て、その中から廉くんと紫耀さんだけ紹介。
「今年ドラマで初主演を務め人気急上昇中の平野紫耀。ステージで見せるキレキレのダンスは要チェック!」 
「15歳にして甘い言葉でファンを魅了する永瀬廉。端正な顔立ちと歌唱力が魅力。」 
公式が関係している番組で「端正な顔立ち」「歌唱力が魅力」と自分が素敵だと思っているところがポイントとして挙げられていることがとても嬉しい。
この側面から興味を持って・知ってもらえるといいな…!




そして、看板を張るんですね。

フレッシュやら新世代やら言われていて、その中で真っ先に取り上げられていることに驚きつつも(未だに慣れない)嬉しさを呼ぶ。
だけど、同時にトップに立っても(こうやって選抜されても)おかしくないような人にならなければいけないんだよね‥‥
負けずに勝ち進んでね。






名古屋公演直後、それだけ期待されてるってことだよと言われていたことを久しぶりに思い出した。
そうだなぁ…と、それからは頭の片隅に置いて過ごしていたけれど、去年下半期〜今年の扱いと真っ直ぐ一本の線で繋がった気がする。


*1:プライベートでもメンバーと遊んだことや学校の行事・テスト終了などの報告を指すんじゃなくて、本当にプライベートのこと。例えば家族や友達のみ知る話で公にはされていないこと、舞台裏で何が起きているか等。

*2:本人はコンサートか修学旅行か悩んだと言ってるけど、本来お仕事だから事務所の意向が入ってるはず。

*3:今回、本人から「コンサートも楽しかった」と言ってるから笑顔も表情も本物だったんだろうけど。