疼く隠れていた願い

2018.3.15 デビュー日が発表された。

リムジンからぴょんっと飛び降りてくる姿は子供みたいだったけれど、リムジンを背に横一列に並ぶ姿はかっこよかった。
割と鼻をすすってたのが気になったけど(笑)

デビュー曲「シンデレラガール」を初披露。
歴代のデビュー曲とは違い、普通の王道アイドルソング
インパクトには欠ける気がするけれど、聞いていたらそのうち頭から離れなくなるのかな。
「11時間近の〜」のところの振り付けを踊るれんくんが好きだなあと思った。
れんくんの綺麗で大きな手が映える。
あと、立ち位置移動の時に少し俯き加減や険しい表情になっていて、きっと動線や振付を思い出したり考えたりしながら動いてるんだろうなと思うんだけど、からの立ち位置に着いたらパッと顔を上げキメて歌い踊り出す。
そのスイッチを入れる瞬間がたまらなく好きだ。
移動が多い曲だから、移動中のあまりファンに見せない仕事人っぽい顔とカメラやファンを意識したキメてる顔、入れ替わる瞬間が何度も見れて、れんくんの思考が垣間見えたような気がして、すっごく好き!(マニアック 笑)
れんくんも人間なんだなって感じる瞬間でもある。だから余計に好き。

「KingとPrinceやからなかなかむずくて〜」と話していて、「むずかしくて」ではなく「むずくて」と言ってしまうところはまだまだ10代の子だなと思った。言葉遣いが若い(笑)
そしてファンの呼び方についての「国民とかしか思い浮かばない」って言い方がなんだかちょっと素っぽいと言うか飾らないトーンで好きだと思った。

このイベントでメンバーカラーの変更も発表された。
正直かなりショックで落ち込んだ(苦笑)
デビューと同時に変わることは想定してた。
きっと赤は平野くんに移るんだろうと思っていた。
でも、よりによって変更後のカラーが黒だなんて…一番目立たない色だし、ペンライトにも色がないから、なるべく選ばないほうがいい色。
それなのになんで……ってしばらく立ち直れなかった(苦笑)
けれど、「漆黒」と言うれんくんを見て、好きなれんくんだと思うことにした。ポジティブブラックRENだもんね。*1
それに少年隊と同じ配色と知って少しだけ納得できたかな。

に身を包んでいた時は好きな色を着てる楽しさと好きな色を身に付けた強さや明るさでいっぱいで、
に身を包んでいた時は燃える赤!目立つセンターカラー!強き赤!とちょっぴり前に出るのが苦手なれんれんの背中を押してくれる・れんれんにパワーをくれる印象で、
を纏うれんくんはどんな風になって行くんだろう。
今は戦隊モノのヒーローに見えるけど(笑)大人っぽさを映えさせてくれるのかな。
14年の冬に一度だけオリジナル衣装(メンカラー)がピンクになった時があった。
その時はその時でとても可愛かった。
今のれんくんにはピンクのイメージがあまりないけれど、15-16歳くらいまではとってもキュートで素直な可愛さを引き立たせてくれた。
だからピンクに身を包んだ姿も好きだったな。
どんな色でも、当たり前にれんくんはれんくん。
どんな色でも愛してるよ。


色々思うところはあるけれど、れんくんが“良い顔”してる、から、それが答えかなと思った1日だった。
ここのところ元気のない顔をしてるとか笑顔がないとか言われていて、この日もそう言っている人を見かけた。
確かに1月のデビュー発表の時は顔が強張っていたように思う。
でも、この日のれんくんは 会いたい見たい!って思うくらい良い顔をしてると思った。
デビュー日にはもっともっと最高に良い顔を見せてくれると期待して待とう、そう思えた。
デビュー発表の日だって顔が強張っていた理由が何であるのかはわからない。
正直私はあまりマイナスの印象は受けなかったと言うか特に気にしなかった(ポンコツ
本心でどう思っていようと、ポジティブかネガティブかわかりようがないし、そんな裏側を想像しながら見たり感じ取ったりして欲しくてアイドルをやってる訳ではないだろうから。
感情を飲み込んでいたとしても、見えているのは良い顔だから、そういうこと。
薄っぺらい同情とか永遠ではない好意による一時の感情とかその場限りの哀れみとか要らないだろうから。
自戒を込めて。

迷うファンが居ても良いと思う。全てを肯定出来なくても良いと思う。賛成しなくても良いと思う。
どっちの気持ちもわかるもん。
でも、私はヲタクの感情でれんくんを引きずり下ろしたくないなとは思う。

何より「せっかくデビューしたからにはほんまにNo.1を目指して行きたいと思ってますので、これからも皆さん変わらぬお力添えをよろしくお願いします。」と話すれんくんを見たら、れんくんを好きでいる限りれんくんに出来るだけ着いて行くしかないなと思った。
「変わらぬお力添え」という言い回しを使えるようになっていたのは驚きつつも感動した。一生懸命考えたのかな、愛しい。
叩かれることも色々言われることも多いけれど(苦笑)根本様々なことを気にする子だよね。そこを忘れたくないと思う。




2018.3.21 CDTVにて「シンデレラガール」TV初披露。
出てくるまで思ったより長くて緊張で吐きそうだった(笑)
れんくんのトーク時の立ち位置は右から3番目と意外な位置。もっと左端かと思ってた(笑)
「どうも永瀬廉です、めちゃくちゃ緊張してます、よろしくお願いしまーす」の「よろしくお願いしまーす」の口調がいつものれんくんのままで、知ってるれんれんだ!って嬉しくなった。
「心強いですね、ファンの方が見てくれてるってことは。僕らのパフォーマンスも上がるんじゃないかなって思ってます。」
安住アナと被っていて割り込みみたいな感じで話し始めて大丈夫かな?と心配になったし、今までこういう場では遮ってまで自ら話し始めることがなかったので驚いたけど、頑張ってたね。
それに、こういうコメントをするのがれんくんっぽくて、ファンのおかげでパフォーマンスも上がると言ってくれるところはれんくん!!!!って思った。
ファンのこと考えて言葉にしてくれるのがれんくん。
上手くなくてもちゃんと伝えようとしてくれるのがれんくん、だもんね。


れんくんかっこよかった、しみじみと感じる。
全力でキレッキレッで、もはや力入りすぎだろ!って思うくらいでかっこよさの中に愛しさも感じる。
本気度が伝わってくる。

でもやっぱりTVでオンエアされる1番にソロの歌割がないのは悔しくて悲しくて仕方なかったし、カメラにアップで抜かれる数も少ないし、歌い踊る位置も後方(端)ばかりでつらくてたまらなかった。
全部わかっていたことだったけど。
2番なんて地上波ではカットされることが多くてTVでは見ることが出来ないんだなって現実を突き付けられると、れんくんの歌声が好きだから余計に黒い気持ちが湧き出てしまう。。
ゆくゆくはれんくんの歌割も増えたらいいな!
6人の時は一番少ないのが今まで通常営業だもん…(苦笑)
あと未だに赤色を目で追ってしまう悲しい性。
黒はかっこいいけど他の色よりやっぱり目立たなくてメンカラーというより単に衣装の一部、衣装に使われてるカラーに見えてしまうのが残念だった。


どの位置にいても指先まで神経の通った力を込めた姿が好き。
少し踊り方が変わったかなと思った。
また癖が変わったと言うかタメやキメが変わったような気がする。
引きのカメラにも目を合わしていたし、あんなにカメラが細かく切り替わってるのにちゃんと自分の時にカメラを見て表情も作ることが出来るようになっていて、しかも今までよりもほぼ完璧になっていて、きちんと出来るようになったんだと感動した。
ほんと成長したね。
ここぞという時に緊張しながらも張り切り屋さんになるれんくんが好きだよ。

最近ずっとれんくんのことが愛くるしくて、
それは昔の姿を思い出してあの時が今の姿に繋がるんだと思って愛おしくてたまらずそう思ったのだけど、
CDTVで話すこと踊ることカメラを見ること表情を作ること振付を熟すこと等頑張る姿を見て、また一層愛しく感じて愛くるしいと思った。
大好き。

*1:本人は忘れてるだろうし掘り返されたくないであろう過去の発言(笑)