夏の宝物はキミとボク Ⅱ



KING’S TREASURE 感想

なぜか無駄に長くなってしまったので分けました。
こちらは総括みたいなもの。


気のせいかもしれないけど、れんくんセンターに立つこと増えたなぁと思った。
気のせいじゃないと嬉しいんだけどな。
やはり舞台よりコンサートだなぁとも実感した。
れんくんは長時間一つの物事に集中できないタイプだから舞台向いてなさすぎる(苦笑)
コンサートのれんくんはほんといい男。好きしかない。
こんなに見た目もキャラも愛せる子居ないって初めて思ったのが昔のれんくんだったけど、随分と久しぶりにこんなにかっこよくていい男居ないって今のれんくん見て思った(笑)
半ば降りかけみたいな状態で見に行ったくせにぎゅっと再び心を掴まれて、結局離れられなくなってしまった(苦笑)
応援をやめなくてよかったって心から思った。



今年のれんくんは関西弁をよく使っていた印象を受けたけれど、わざわざ関西弁を使ってるのだろうかと少し考えてしまった。
去年はほぼ標準語だったからなぁ…プラベでは関西弁とか聞くけども。
そういうところも考えてるのかななんて気になっちゃった。
このことについて煩いヲタクがいること知らない訳ないんだし(苦笑)
自然と出ちゃっていたとしても、考えてだとしても、上からの指示だとしても、何にしろ愛しいんだけどね(笑)


一部のファンからキング単独が良いと言う声を聞くし、ハイBのファンにとっても別々が良いんだろうけれど、ハイBが居たからこそれんくんはだいぶ成長した気がすると思った公演だった。
自分達の背中を見られてる・自分達がしっかりして引っ張らなければならないという意識が上手く作用していたように思う。
GOではキング不在でステージ上がハイBだけになった途端、彼らが開放的になってるように見えて、あぁキングは先輩だと認識されてるんだなって思った(笑)
そう思ってもらえてるんだとしたらファンとして嬉しい。
特にMCはれんくんだけでなくキング3人にとってハイBと一緒にやるというのは大きかった気がする。
ハイBと組むことで、誰かに任せれば良いとはならず、それぞれの形ではあるけれどちゃんと参加してた。
れんくんが一人一人になるべく振ったり発言を出来るだけ拾うようにするのは前からだけど以前よりも人の話をぶった切ることがなくなっていて成長が嬉しかった。
前よりもれんれんらしく話せていたし、笑顔も増えた気がする。話すことが楽しそうだった。
それに今年はかいちゃんと紫耀さんが突っ込んでくれたり、れんくんが賄いきれないところをサポートやアシストしてくれるようになって上手く回るようになってた。


懐古メドレーは懐かしかったし楽しめたけど、早くない?と思ってしまったのも事実。
でも振り返る余裕が出来たと言うか、表情から昔を触れても平気になったんだなと感じた。
自信と本人達の中で諸々整理がついたのかな、なんて。
とは言え、彼らが歩んできた過程を一緒になぞることができるのは嬉しかった。
こちらと覚えてることが一致してるのも嬉しかったな。



何より今回の一番の驚きはれんしょの関係性だと思う(笑)
二人の花は上手下手にある高いセットに分かれて立っていて、向き合いながら階段を下りて、最後に背中合わせになる。
手を伸ばすのもよかったし、ちゃんと目が合っていてぐっときた。
この曲以外でもアイコンタクトを取ったり2人で話してたり。
些細なことだけど、れんしょが向き合っていて嬉しかったな。
最近後輩が増えて危機感を感じてファンを取り戻すための作戦なのか、何があったのかわからないけれど、お仕事を通して真っ直ぐ向き合えてるように思えてホッとした。
3人しか居ないから2人のアレコレでグループの雰囲気が左右されるところがあるなぁと思っていて、だからずっと心配で不安で悲しくて。
かいちゃんが板挟み(橋渡し)みたい状態がいつまで続くのかなとか思ってた。
それが少し薄れたような気がして、見ていて安心できた。
れんしょなんて数年前に幻だともう無理だと捨てたはずだったけれど、2人が向き合っている姿勢を見せてくれるのはなんだかんだ嬉しい。
あの独特な2人の世界が好きだったし、言わないようにしてるけど好きなんだよ今でも。
そんなエゴを託すのは良くないけれど、このまま良好な関係が続いてくれたらいいのにと願う。



やっぱりれんくんが頑張ってる姿を見ると言うか、きっと頑張って最高の姿を目の前に見せてくれてるんだろうなと思える一生懸命に取り組んだであろう成果を見せてくれる姿が好き。
ダンス絶対死ぬほど頑張ったよね。
裏(の努力)を見透かそうとするなんて失礼だとわかっているけれど、それでも頑張ってると思わずには居られなかった。
ステップ・体幹・リズム・動きが以前よりも随分と上達していた。
ほとんどの曲がダンスが必ず組み込まれていて、全て喰らい付くように踊っていたと思う。
久しぶりにあんな必死に近い(少し余裕のない)形相を見たし、久しぶりにお顔が少し俯き加減になっていた。
こんな風に書くとれんくんがダメダメだと思われそうだけど、全然そんなことなかった、かっこ悪くなんてなかった。
ちゃんとサマになってた。
何ならむしろかっこよすぎる!!!
今回全部どれも手を抜いてなくて、これが見たかったの!!!って思った。
最初から最後までずっと好きなれんくんだった。
ほんとかっこよくて自慢の担当って思った。
いい男!最高に好き!大好き!



数日経っても好きが止まらなくて、こんなの久々で嬉しくて浮かれてる(笑)
1年半〜2年ぶりくらい(笑)
本当にれんくんはいい男!かっこいい!最高に好き!
7月公演お疲れ様でした。
8月公演も7月と変わらず素敵なれんくんを皆に見せてね。