読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛とはプライド


たまアリを見て感じたこと


白のスーツに赤のシャツと白のリボンを結んだ衣装に身を包んだれんくんはどうしてもお子ちゃまに見えて、正装頑張りましたねよく出来ました!って言いたくなるくらいだった。
大学生になったはずなのに抜けないお子ちゃま味(み)。
これは横アリでも思ったことだけど、横アリの感想には書かずにいたから記しておく(笑)


ジュニア紹介する時のドヤっとしたお顔と手の振りかざし方がまじれんれんで、こういうの好きだねって今回も思った。
あと、最初のユニ紹介でユニ毎に歌い踊るのを見ながら、つい歌詞を口ずさんじゃうれんくんがとっても好きなれんれん。
そうやって自然とれんくんから零れ出る(れんくんの中の)気持ちが好きだよ!


レメディーでアイコンタクトを取ってるれんしょを見れたので、ほんの少しだけほんとに少しだけ些細なことだけど安心した。
BTNでのマイク受け渡しは両者ともにノールックだったけどね。
あとカモナでたまたまぶつかって、普通に反応してたから、そこまでではないのかなとは思った。
でもやっぱり1:2にはっきり分かれてるのは変わらなくて悲しかった。けど仕方ないというかどうしてなのか何だかわかる気がしてつらかった。。


ECで外周で、れんくんと岸くん向かい合って一緒に飛び跳ねてて可愛かった。
勝つんだwinではニコニコしながら岸くんが隣に来るのを嬉しそうに待ってて岸くんと2人で歌うところは岸くんの方に頭を傾けてて岸くんのこと好きだし信頼してる相手なんだなって思った。
最近パフォーマンス中は誰かに寄りかかる(自分を預ける)と言うより良くも悪くも独りで立ってるイメージが強いから、久しぶりにああいう姿見て愛しかった。



一番残しておきたいのは始まるまでのMCについて。
知られているだろうけれど、たまアリ初日はニュースになるくらい入場が大変だったので開演は1時間20分遅れた。
そして開演までの繋ぎのMCを任されたのが主にれんくんと安井くん。
途中から安井くんに「〜って言ってるで!」って関西弁でナチュラル失礼かますれんくんダメだけど(安井くんびっくりしてたよね?)れんれんらしいし(苦笑)
「ハイハイとB少年がどうなるんだっけ?(ハイB:???)んーーー!!!(PPAPを示唆)ってやつ!」って言うれんくんは声だけなのに可愛いし、大学生になってもれんくんはれんくんだなーって思った(笑)
ハロ春で他のみんなはカメラアピしてるのに映るの諦めて参加せず後ろで半笑いしてるとことかもね(笑)


顔は見えず声だけ聞こえる中、「アイランドで松本潤くんが来てくれてしかも僕の誕生日で最高のプレゼント」と話したり、「僕山下くんのソロコンがオーディションで安井くんそれに出てましたよね?!」って思い出話を話し始めることで安井くんと一緒に話せる話題(共通の話題)を見つけ出したり、
一生懸命れんくんなりに間を空けないようにしてるんだなって、
あと顔が見えない分オーバー気味に話してるんだなって、声のトーンや喋り方でわかるから、
途中から先輩が中心に回してたけど、れんくんも頑張ったねって花丸あげたい!


ただ「先輩だったら誰と仲良いの?」って安井くんに聞かれて、
れん「俺としょおはウェストですかね」〜って言ったのに対し、しょ「あーうーーん(反応薄め)」
紫耀さん全然同調してないゃん!れんれん!?って焦ったけど(笑)
たぶん紫耀くんはもうそんなことないのと、今はキングであるからキングとしての話題として挙げるという意識が働いてるんだろうなと思う。
そこがそのまま何も考えず発言しちゃうれんくんとの違い。
俺としょおは〜と話し始めるのは昔の紫耀くん独占したいれんれんみたいで懐かしかったけどね(笑)



公の場で謝ると言うのを初めて聞いた訳だけど、あの時の焦りを含む申し訳なさそうな声を聞いて、今後そういう声は聞きたくないなと思った。
まさか18歳の子に約4万人?くらいの人に対して代表して謝られるなんて思ってなかった、本人が悪いことをしてないのに。
どんな表情や気持ちで言ってるのか見えないし本当はどう思ってるかなんてわからないけれど、困っていて眉尻下げてそうな声で。
誠実に謝ってるように聞こえる話し方が出来ているのはファンとして好きになったけど、やっぱ聞きたくない。
タレントが謝るしかないんだろうけどね。
今更このことを言うとまだ言うのか掘り返すのかって感じだけど、あのれんくんほんと頑張ってたから、ファンとして忘れたくなくて。
頑張ってたはずなのにいつの間にか名前消えちゃったでしょ…。
確かに先輩の方がスキルもフォローも何もかも上で、居てくれたからかなり助かったと思うけれど、全く触れられていないのは淋しい。
このことで、その頑張りをファンしか汲み取ってあげられないんだと感じたから。
こんなことを経験値にしてしまうのはアレだけど、また強くなれたかな、そうであってくれたらいいなと思う。


初めてのさいたまスーパーアリーナ、連れて行ってくれてありがとう。
色々あったけど(笑)そう思います。





勝つんだwinで岩橋さんと向かい合って歌うところできっちり目を合わすことが出来ていて、だいぶ距離縮まったんだなと思った。ホッとした。
前はお互いに逸らしてたよね。

歓声は一番大きくてどよめきが起き、私もイントロが流れた瞬間「きた!!!」と思った。

でもあの夏を経験し月日が経った後だと色褪せて見えた。哀しいかな。
あの時に感じた、獣臭さ と言うか獲物を狩るようなギラつきや野心(欲)が感じられなかった。
当時受けた衝撃と感じた熱量を超えるものはそこにはなかった…。

私の中ではもう通り過ぎた「過去」にしか見えなくなってしまっていた。
そう感じてしまい、何とも言えない……





れんくんは「アイドル(仕事)」をどう考えてるんだろう?と疑問を持つようになってしまった。
もちろん目標や希望を語ってくれているけれど、そういうのではなくて向き合い方と言うか位置付けと言うか…。
こういうことがしたいと言ってるのを見ても、正直今のれんくんの態度や姿勢じゃ与えてもらえないだろうな出来ないだろうなと思う。
コンサートだって割と自己満足・自己完結(独りよがり)で終わらせてるように思う時がある。
だから他の子に仕事が決まっても、羨ましいとも悔しいとも言えなくて思えなくて、私は黙り込んでしまう。

何を考えてるかどう考えてるかなんて私が知らなくても理解しなくても良いことなんだろうけどね。
でもファンとしては応援していくうえで目指す姿を知っていた方が声援を送りやすいし行動に移しやすい。
結局ファンは無力なので、これもエゴに入るのかもしれないけど。

とても悲しい。
何があっても「最終的には味方でいたい」と思っていたのに最近どんどん無理になっている。
風当たりが強くなっても、きっと良いところはある、と探してきたし見つけてきた。
それだって所詮自己満足だしエゴでしかないのだけど、それでもファンだから。
「批判は誰にだって出来る」と見かけたことがある。その通りだと思う。粗を探すのは簡単だ。
ゆえにファンだからこそ見ている部分も面もあるだろうと思ってプラスのことを書いてきた。
それもあって本人のことも自分が感じたこともマイナスはなるべく書かないようにしてる。

それでも今の状況はすごく疲れる。

無理する必要がないのは十分わかっている………

広告を非表示にする