読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五つ色を灯す

2017~STAGE入ってきました。
今回は自分とのスケジュールがなかなか日程と合わなくて無理して1公演だけ入ったけれど、久しぶりに複数回入りたい!って思うほど最高に楽しいコンサートでした。
このまま上手く歩んで行ってくれるといいなと部外者ながら願っています。
そして、私はやっぱりセクゾンが好きだと再確認しました(笑)

とにかくレーザーの使い方が凄くて!とにかくかっこよくて!もはや語彙力が崩壊した(笑)
こんなに素晴らしいレーザーの使い方があっただろうか?と思うくらいだった。どこに出してもあのレーザーの演出恥ずかしくないと思う。
さすが風磨くんプロデュースだなぁ!
カワイイだけじゃなく、ここまでカッコイイで魅せてくれる彼らを初めて見たし、その分大人になった近づいたんだと思った。


テレポで一度高まって泣きそうになり、with youで泣き、デビュー当時の衣装を着てのデビュー曲sexy zoneで感極まって泣いた(笑)
テレポは健人さんの初ソロ曲で、今でも初披露の時の衝撃が忘れられない、体が覚えてるんだなと思ったくらいイントロが流れ出した途端、うわあああああと興奮が止まらなくて一気に体温が上がった。とても思い出深い一曲。
そして、何と言ってもデビュー時の衣装でデビュー曲のsexy zoneはずるい(笑)
登場の仕方もそのままだし、過去の映像出されたら必然的に国フォ思い出して泣く…(笑)
披露してくれた5人には感謝しかない。

ふまけんのソロをメンバーみんなで割り振って歌ってたけど、ふまけんの声が似すぎてて本人の声で聞いてるのと変わらなかった…w
けど勝手に意味を見出すヲタクだから(笑)5人でふまけんのソロを歌うのは凄く嬉しかったな。
そして、その演出が出来るようになったふまけんの変化にも嬉しく思った。
あの2人は他のメンバーには絶対自分のソロを歌わせないタイプだと思っていたから(笑)歳を重ねて許容範囲が広がったんだなと。

テレポの割り振りは健人さんのソロパートが少なかったけれど、それでも今の健人さんが歌うと経験や年齢と共に身も心も逞しくなり力強さを感じたせいか当時よりもリアルに感じた。
この人なら何でも乗り越えてくれそうだと。
ソロコン行ってないから久しく聞いてなかっただけかな(笑)
ルージュは今の風磨くんだと生身の女性が浮かぶと言うかそこに明確な相手(女性の影)が在るかのように見え色気がぐっと深まったなぁと。
両者とも大人になったね。


マリが英語でペラペラ話し始めるところはグローバルなTVショーかラスベガスにでも来てるのかと錯覚させられたけど、いかんせん観客はほぼ日本人なので英語で煽られても「…」とマリとファンの間で時差が生じてて何とも言えなかったw

あとオキテで全員女装するのはとてもよかった!
しかも生着替えで、シルエットが幕越しに映し出される。こういう演出は盛り上がって良いね!
ちなみに風子はギャルサーのクールなリーダー格だし、聡ちゃんは完全にギャルだし、勝利くんは学級委員の裏の顔だし、健子は妖しい占い師(イメージ)だし、マリだけ清純真面目な女の子だった(笑)



MCで、松島は短髪がいいって言う話で風磨くんが「俺と中島が推してるのに…」って言ったら会場がキャーって騒いで、聡ちゃんが「なんでここでキャーって言うの???」って困惑してて笑ったw
ヲタクはちょっとのことで激しく反応するよねwごめんね(笑)

健人さんがツムツムのCMの感想を聞いた時に「どう?面白い?」「(こちらに耳を傾けながら)かわいい?」「サスペンスとか見てる合間に流れたら面白いよね」と話して居て、こちらに話しかけるように言葉を紡ぐ健人さんが好きだったなって思い出した。
とても真剣な表情で、リアルな反応を知りたいって顔をしてくれるから、本当に知りたいんだと思わせてくれて、そのうえちゃんとこちらの声も聞いてくれて、こういうところが大好きだなって。


へいゆーでマリが寝転んで聡ちゃんがくっつくように寝転んで、悩んだふりしながらも勝利くんも横に寝転んで、その上に仰向けになって寝転んだ健人さんが風磨くんに向かって「おいで!おいで!」と手招いていたのはなかなかの光景だった(笑)
頑なに風磨くん行かなかったけど(笑)

キャラメルドリーム?(snowみたいな演出のやつ)でトロッコの上で健人さんが自分のパートを隣の風磨くん見ながらずっと歌い、風磨くんはうんうんって頷きながら聞いてて、歌い終えた後ふふっと観念して笑う風磨くんが居て、好きなふまけんでした。
ありがとうございました。


最後の挨拶で健人さんが「新生活が、新しい生活が始まります」って言ってくれて、頑張ろうって思えたし、ちゃんとその日その日で考えて言葉を紡いでくれてるんだなと思えて嬉しかったなぁ。
でも「人生と運命は同時に進行していて自分で作っていくもの」「全部自分で決めたこと」と語っていて壮大すぎた。
考えたら至極当然だけれどそれを公の場で口にし自負することは自信と責任感がなくては出来ないことだろうから健人さん凄すぎる…最後にステージ下へと消え行く中、十字切るだけある(?)
「皆もこうなりたいと言う夢を持って、夢を叶え、運命を創っていきましょう」みたいなことも健人さん言ってたんだけど、少クラでも似たようなことを話していたよね。
何かそういうことを考える出来事(キッカケ)でもあったのかな。
グループが5歳を迎えたこと、今回は一つの節目としてのコンサートでもあるし、今の役作りによるものかなとも思ったりするし、
あと大学の広告塔の一つになっているのを見るに、アイドルとして人に夢や希望だけでなく「影響を与えるということの自覚」が一層強くなったのかなと思った(知らないけど)



今5人ほんとに良い関係を築けてるんだろうなと思ったし、関係性がコンサートにも表れ演出だけじゃなく雰囲気にも影響を与える・反映されると実感した。
意識してなくても表に出てしまうものってある訳で。
関係性はとても重要なんだなと改めて。
当たり前のことなんだけど、難しいことでもある。
また良くも悪くも、そして色んな意味でふまけんが「鍵」なんだなぁと思ったコンサートでもあった(笑)
ファンの需要やグループの雰囲気等は2人の関係性左右されるところが大きいし、2人がどこを向くかでグループの温度も変わり方向性も定まってくるなと。


気持ちが明るく前向きになるコンサートだったなぁ。
最高に楽しかった、という一言に尽きる。
ほんとはもっと入りたいよ(泣)
次のステージでも(と言ったら来年になるのかな)かっこよくて可愛くて最高にアイドルな5人が見れますように。

広告を非表示にする