読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ前へ僕ら歩いてゆこう


24日と25日にストトラれんれん公演入ってきました。
※また追記するかも



最初にストトラがそれぞれバルコで歌ってから、全員でバドボ
その時に確かれんくんはセンターに立ってた。
bad boys!!!」って叫ぶのはれんくん。
私が見た回は割とタイミング合ってたと思うけど、れんくんが叫ぶとどうしてもかっこいいより”可愛く”聞こえる(盲目)

完全マイウェイでバルコへ。
キングのオリジナル羽織を裾を持ち上げながら階段を上ってたのを見て、プリンセス!!!って思った(笑)
すごく一生懸命で可愛かったんだよね。邪魔だから羽織を掴んで階段を必死にトントン上って行ってた。
それから両手人差し指でつんつんと北斗くんの背中を突いておんぶしてもらって、ご満悦(笑)
にこにこ嬉しそうにしてて子供だった(笑)

OH!サマーKINGを一人で歌うのはとても新鮮だった。
普段3人で歌ってる曲を最初から最後まで一曲まるまる一人で歌うってレア、貴重だよね。嬉しかったな。
れんくんのラップが聞けたのも嬉しかったし「カモン!サマーステーション!」って曲中のセリフもれんくんで聞けて嬉しかった。
そして改めてれんくんの歌声が高いと感じた。17なのによくまぁあんなにハイトーンのままだよね。カラオケの先導する声みたいだったよ(笑)
けれど、背景のセットの王冠を背にして歌う姿はまさに王様みたいだった。

しんくゆースモークの中から出て来て椅子に座る。
凄いナルシスト感(笑)
何かする度にキャーと歓声が上がって、にやりとするのが何とも言えなかった。
そして、ゆうぴーと作間くんが纏わり付いてくるのを払う手や身のこなしがえろい(笑)
あとリップ音が凄かった(笑)人工的過ぎない!?って思うほど「チュ!!!」って感じ。ほんと音。粘り気のある音。唇をちゃんとチュウの形にしてるのは可愛かった。
ストトラのファンの前だから控え目と聞いていたけれど、キング公演と比べてみてにやりとするのが減ってたぐらいだと私は感じた。

スクールデイズはちょー可愛い!ステップと手が可愛い!
ぶりっ子だとわかっていてもたまらんんんんってなる。もう一回見たい。

goingではみゅーとと手を繋いだり握ったり肩を揉んだり楽しそうにしてた(適当)


パフォーマンスバトルに入る前のれんくんの「こんばんはー!こんにちはー!芸」がやばかった(笑)
腕を使って手をくるくる色んな方向に回して何回も聞いてくる、し、本人の止め方がいまいちタイミング掴めてなかった。
それでも一生懸命煽ろう仕切ろうとしてるのが伝わってきて愛しくてたまらなかった。

ストトラのパフォーマンスをセット上で座って見てる時、れんくんの目がチラチラ動いててちゃんと見てるんだなぁって思った。
唇尖らせたり唇むにゅって歪ませたり頬を膨らませたり、ころころ変わる。微笑んだり喜んだり悔しんだり。かわいい。
ミスしたりすると自然と「惜しい!!!」って呟いてるのを見て、この子のそういうところが好きだと思った。
あと、みじゅきに話し掛けてたかな。

一緒にステージに立つメンバーに向けるれんくんの眼差しはいつもあたたかくて優しい。
パフォーマンスを見てるれんくんの柔和な顔が忘れられない。
素敵だなって思う。

ストーンズのパフォーマンスが終わってかな。
「鳥肌立った!鳥肌!見て!やばい!鳥肌!!!」って腕を見せ指で差しながらこちらに言ってきたのには笑ったし、
高地に「れんもさっきやったよな!」れん「やった!ダンク!出来たよね⤴︎」そういうテイでしょって言われて「ほんとに出来たから!」ってマジになっててれんくんっぽかった。


MCはすぐ散らかるしストが下ネタに走るし両グループすぐボケるし、なんか凄かった(笑)
そのせいか、れんくんの雑さが更に極まってた(笑)
果敢に突っ込んでいくれんくん偉い、ほんと(笑)
次がれんくんのソロだから「れん準備」と言われて、セット階段の一番上まで行くんだけど、こちらに背を向けながら指をピロピロする姿がたまらなかった。かっこいい。北斗にはキモいって切り捨てられてたけど(笑)


指輪。久しぶりにソロの選曲に山下の曲きた!
この曲の雰囲気、れんくんに似合うね。

それからNEXT STAGE
まさかEXでやると思ってなかったからびっくりした。
センターで歌い踊るんだよ。東京だよここ。
ストトラのファンがほぼ占める客席を前に、東ジュを後ろに従え、一人歌い踊る。
それがどれだけ凄いことか…!
人差し指くるくる回す振付のれんくんの指が綺麗で顔もかっこよくて好き。

ただ前へ。歌詞を見るとどんな気持ちで歌ったのかなって気になる。でも、こういう全員で歌う曲の選曲は誰がしてるのかな。

アンダルシアに憧れて。これを踊るれんくんが見られるとは!!!一度は見てみたい曲の一つだったから見れてよかった。
ジャケットに添える手が美しくて見惚れた。

アンコールはストトラ両パターン見れた!ラッキー!
シェルターの時に大我が脚開いて上段に座って、その脚の間に収まる形で下段に座り大我の膝の上に腕を置いて、トラジャのパフォーマンス見てるれんくんがお母さんにあやされる子供みたいだった(笑)
たまに肘曲げて腕で大我の脚を挟んでみたり右手で大我の膝触ったりしてたし、慎太郎も交えて3人で談笑したりもしてて、その時のれんれんは17歳の男の子で大我の彼氏に見えた()2人で合わせて揺れたりしてて幸せそうだった()
シェルター終わりに立ち上がって2人でアイコンタクト取ってから頷いてて、やっぱ彼氏彼女みた…(自主規制)

ラストはHo!サマー
このれんくん本当に可愛くて!横一列になって腕〜手をウェーブさせるとか可愛いしかなかった!




あと、カッコイイ系?の曲に合わせてシャーーーって威嚇するような顔して必ずイキってるのがれんくんっぽかった。



始まる前は異質かつ個性的な中に放り込まれて、しかも最年少なんて…と思って心配してたけど、私が観たのは後半だったからもあるけど、程良く仲良くして弄ってもらって助けてもらってて大丈夫だと安心した。
色んなタイプの先輩に様々な形でサポートしてもらってた印象。
王様と言うよりも若頭と言うか族の次期トップのれんれんを皆で守ったりあやしたりしながら時々自分達の日頃の生業をこなしてるように見えた(酷い表現ですまない)

MCで「練習の時こんな風に皆仲良くなると思わなかった」って全員が頷きながら話してたから、決まった当初はこちらが思ってた通り微妙だったんだろうなと察する。
MCでキングの中で誰が天然なの?紫耀じゃない?って言われて、どっちもどっち!2人とも天然!ってれんくんが話してる時に横から誰かに「3人ともだろ!」って纏められてて、ストトラにもそういうところを見抜かれてると言うかそういう構えない態度で居るんだとわかって、ほんとよかったなぁって思う。

れんくんは相変わらず雑だったけど、前よりも盛り上げよう参加しよう話の中に入ろうって意識を強く感じたし、様々な意味できっと強く逞しくなったはず。
残すところ公演もあと僅かという時に観に行ったけれど、それでもれんくんのソロになると周りは一斉に座ってしまって…。
これは仕方ないこと・どうしようもないことだけれど、少しでもれんれんを好意的に見てくれる人・興味を持ってくれる人が増えたらいいなと思った。それが願い。
だからって、アウェイだとは思わなかったと言うか、アウェイとは違う。でも、やっぱり優しい空間ではなかったとも思う。
だからこそ、MCもソロも堂々と繰り広げる姿はとてもかっこよかった。
どちらのグループもスタンバイでステージ上から消えて一人でヲタクの前に立つ。しかも目の前にいるヲタクのほとんどがストトラのファン。その人達を煽って求めて受け止めて進行する。
かっこいいでしょ。かっこいいしかないでしょ。
また一つ新しいれんくんを見た気がする。

かいちゃんがストトラのれんはサバサバしてたと言ってて、私もサバサバしてたなーって思ったんだよね。
雑さが極まってるだけなのかもしれないけど(笑)本人は両サイドがボケるから耳を澄ませないといけないとか言ってたけど、虚勢張ってると言うか武装してるような感じで。特にステージに1人になった時鋼鉄のような雰囲気を纏ってたように思う。



ネクステを披露したこと、きっと深い意味はないんだろうけれど、なんだろうなぁ……罪深い子だなと思う。
何を思われるか背負わされるか言われるか、嫌になるくらいわかってるだろうにね。
それでもネクステを選んだ。

ネクステと言えば、初めてのクリエ(14年)で歌った時に東京でこの曲を歌うんだ!と衝撃を受けたし、15年の春松竹ではセンターで歌い上げる姿に感動した。
私の中でこの二つのネクステがれんくんに関しては印象的。
と振り返ると、割とターニングポイントや新しい時代や物事の幕開け・挑戦の時に引っ張る(中心)メンバーとして歌ってると思った。
と言うか、ただの私の中での印象だけれども。

期待に応えたのか、わざとなのか、意図的なのかわからないけれど、どうであれ、ほんと罪深い…


私はあまり今回面影を感じなかったけれど、右足でリズムを取る刻み方や上げた踵の角度、そして両腕を肩まで上げる時のパキッという擬音語が聞こえてきそうな上げ方が以前と変わっていなくて、ここはまだ残ってるんだなぁ…と思った。


そんな見てる‥見た見てきてはないけれど、れんくんの今までを集約したようなコンサートだなぁって思いながら途中から見てた。
何て言うか、おーさまきんぐはキングから代表としてのれんれんっぽくて、ソロ曲は山下と藤ヶ谷(キスマイ)の両方で今まで挑戦してきた二つのタイプを出して来て、アンダルシアで群舞とまでは行かないかもだけど集団で踊る魅せ方を表して、ネクステは関西時代を彷彿させ、ストトラとコラボしてる曲は今のれんれんで。
今までを少しずつ詰め合わせてるかのようだった。

こんなこと言ってるのは私だけなので間違ってるんだろうけど(笑)



この空気を経験し吸収したことが未来に繋がりますように。