読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉は消えても文字は残る



遅ればせながらナビの話。

状況判断が出来るようになりたいと少し前に雑誌や新聞で話していたけれど、(ジャニワで)ちょっとは出来るようになったと思うと話している。花まる!
タイタニックのシーンは自分でも意識して公演ごとに台詞の言い回しとかトーンを変えたりしてたら演技の幅が出てきた上手くなったと言われるようになった=成果の表れだね。こちらも花まる!
客席に顔を向けることだけを伝えたと戸塚さんが話していて、あとはれんくん自身が試行錯誤したんだよね〜今までの演技とは全然違ったと感激したけれど本人も手応えを感じたみたいでよかったあ…!*1
しかし、れんくん今回どの雑誌読んでも口を開けばバトンバトンって言ってるのに、ナビでもバトンの話するからバトン以外の話ないのかよ!と思っていたら、紫耀さんが「バトンばっかりやな(笑)」と言ってて笑ってしまった。やっぱり思うよね(笑)


「関西ジャニーズJr.と仕事をする機会が少なくなってますね」という問い掛けの流れで
れんれん「(まいジャニの)スタッフさんには会えてないからそろそろ会いたいわ。」と話す。
そういえば永冨Pのことあだ名で呼んでたよな〜とか思い出した(苦笑)
全然喋れなかった・何も出来なかった子供を愛情を持って育ててくれた番組。逆に言えば、れんくんをアイドルらしく芸能人らしくTVの前で振る舞えるように一から教えてくれた存在。
コンサートもやってロケもやって舞台の密着にも来てくれてショータイムの小道具作ってくれて、スタッフさんと共に和気藹々がんばってきた。
「スタッフさんには会えてないから会いたいわ」そう思うのは自然のこと、だから本音かな。


クロスメッセージ
康二くんが「俺は黒髪の方が好きかな」って言ってて、その通り!と思った(笑)
その前に「踊りが上手くなってた」と話していて、綺麗に踊る康二くんにそう言ってもらえてるのは個人的に嬉しかった。康二くんはれんくんがへっぽこなダンスをしている時を詳しく知ってるし。
そして大西さんの「楽屋に行ったら、永瀬くんがめっちゃくっついてきた」というタレコミには!?!?ってなったけど(笑)
一緒に仕事をしなくなった今でも誌面で名前を出している時があるのでわかっていたけど相変わらず大西さんのこと好きなんだね。れんくんの癒しの一つだもんね(?)
れんれん「『少年たち』を松竹座に見に行った時、『ほんまに出たいな』と思ったよ。」
確かその時も同じことを述べていたと記憶してる。紫耀さんはジャニワ期間中のクリパに触れてるけれど、れんくんは去年の夏の少年たち。れんくんが関西ジュニアだけのステージを観たのは少年たちが最後だから印象強いのかな。
「是非一緒に仕事ができるように頑張りたいなと思ってます!」という言葉は切ないような本心のようなアイドルコメントのようなどれにも取ることが出来て心に引っかかった…。*2



まいジャニの話もクロスメッセージもすっごく嬉しかったけれど、ヲタクのためにわざわざ言葉を引き出してる‥取材人が(無理矢理)引き出させてるような気がしてしまって何とも言えない微妙な気持ちにもなった…。
本心と言うか全くの嘘ではないにしろ、言葉にさせる重みを感じてしまう。
言葉は消えても文字は残る、だ。
何度も何度も(ファンが)求めてるであろう言葉を出させるという過程や行為を回を重ねるにつれ真っ直ぐに受け止められなくなると言うか無理させてないかと思ってしまう…(重い)
以前心の小箱に詰め込む - いつか記憶から零れ落ちるとしてもでも書いたけれど、関西と東京について触れ(させ)なくても、もういいよ大丈夫だよ十分だよって。
あまり無理強いはしたくない(させたくない)
とは言え、色々考えていたけれど、本人達にとっては全て仕事
そう考えると苦じゃないのかな。仕事とは本来プラスであれマイナスであれ私情を挟まない部分。
素直に読めばアイドルらしい完璧な解答だし、私が思うよりずっと先を歩んでいる、進んでいるのかもしれない。

語尾や言葉尻等を捉えて考えても、結局本当のことはわからなくてただの揚げ足取りの嫌なヲタクにしかならないから気を付けよう…。



3月に入って、まいジャニコンや春松竹が浮かぶ。
思い出が詰まりすぎてる季節。
雑誌を整理していて涙が溢れそうになった…



「仕事」で再び考えてしまった。仕事なのだから、ちゃんとして欲しいと感じたんだった…。
子供だから〜と済ませられる年齢ではなくなってきているし、何より子供だから〜と済ませていいような仕事(役割)じゃなくなってきている。それだけ皆が羨むような経験できないような大きなモノを与えてもらっている。
様々な理由をつけて仕方ないよねとは申し訳ないけれど私の中ではならない。
お金を得ているのだしね。
どんな状況でも内容でも仕事には真面目に向き合うべきだと思う。

って、また嫌なことを考えてる…(苦笑)



*1:努力の結果が良い方向に出て、またそれを本人も実感できていることがとても嬉しい

*2:もちろん正解などないし私の中に邪念があるから(笑)余計に複雑に感じてるだけなのだと思う