読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

背中を想う

thinking rn


今年は新年早々ジャニーズワールドに正式なキャストとして出演。
で、帝劇での餅つきから始まった(笑)先輩方を差し置いて餅つきのメンバーに入ってる…!と驚いたことを覚えている。WSでしか見てないけど杵を持つ姿が可愛かったな。袴姿もとっても可愛くてキュンとした。初めてのフライングだったけど少しぎこちなくて笑ってしまったな。
それから誕生日公演を迎えて無事に千秋楽。
春松竹では見たことないくらいしっかりした逞しいれんくんがステージに居た。
かっこよかったなぁ。完璧なアイドルだった。東京で鍛えられたんだと思わされた。
そしてクリエ初日。
オリジナル曲が数曲あった。エネルギッシュさやフレッシュさを感じた。頑張れ、れんれん!と思った。IKEMENのコールが楽しかった。名前を叫ぶのは楽しすぎた。れんくんの提案は最高かつ天才!って思った(笑)
間にセクパワコンを熟す。大阪と名古屋だけ参加。
上京して初めての大阪。遠征という形になる。
れんくんにとって、もう地元じゃないんだ帰る場所じゃないんだって、不思議な気持ちになったし、淋しくてちょっぴり泣いた。関ジュのみんなと戯れてる姿が余計に涙を誘った。
名古屋では「好きだよ」で制服姿が見れて嬉しかった。学校に慣れ始めた新入生がカッコつけたい一心で憧れの先輩の真似をしてる、そんな風に見えて超絶可愛かった。ここにチケ代!と断言できる(笑)
クリエが千秋楽を迎えて、しばらくして夏祭りのサポーター就任。
驚いた。凄いと思った。夢みたいだった。ユニット名をもらって、芸能人らしい仕事をして。一気に何段もステージが上がった印象を受けた。
夏祭り真っ最中には初めてEXシアターで公演を行った。
クリエからの地続きのような感じだったけれど、前よりも進行役(MC担当)に徹し、ヲタクのレスポンスの受け答え・反応確認まで出来るようになっていた。
合間に勝利ソロのバック。
勝利くんのソロコンなのにMC回してて良いの?!ってびっくりしたけど、終わった後に勝利くんから「よかったよ」と感想をもらっていて安心した。あと様々なタイプの曲のバックのれんくんをたくさん見れたのはほんと嬉しかった。いい思い出。楽しかったな。
その特別公演が幕を下ろし、翌日ミュージックステーションに出演。
他のジュニアを着けず、自分達だけで曲を披露。細々と失敗していたけれど頑張っていたなぁ。
この日までずっと一生懸命だったね走り続けてたね。
振り返れば蒸せ返るような熱気を思い出すけれど今となっては全て幻のようだ…。
久しぶりに秋は何もなく過ごして、またジャニーズワールドの時期になった。
サブメインぐらいまで食い込んでいるかのような扱いを受けている。
舞台は来年の一月まで続く。

春から夏にかけて著しい成長を見せてくれたと思う。
去年は地位が人を作ると感じさせられた一年だったけれど、今年は「環境が人を育てる・作る」と感じた一年だった。
特に夏の活動がそう思わせる。
わたしは自由きままなれんくんが好きだから正直戸惑ってしまった。
そんな時に何かの雑誌で「個性が増す」という表現を見てすぐにれんくんが浮かんだ。
まだまだ今のMC担当・まとめ役のれんくんには慣れないけど「個性が増す」と考えると心にストンと落ちたと言うか少し楽になった。
新しいれんくんの色や側面が増えたと考えればいい。
個性が増すって素敵なこと。芸能人として大切なこと。
そう思うと不思議と前よりは受け入れられるようになった。

それと大人になったと思うことが増えた。
実際の姿は知らないけれど、雑誌を読んでいると、考え方が大人になったなぁと新しいインタビューを読む度に思った。
ちょっぴり淋しいけど、仕方ないかな。
仕方ないと表現すると良くないこと・諦めのように聞こえてしまうかもしれないけれど、そんなことなくて、ただ私が追い付いてないだけ。
れんくんは立派に成長して行ってるということだ。
それでも「大人になりたくない」という言葉に切なさが感じ取られるので、だからくれぐれも無理はしないでねって言いたい。

振り返るとこの一年は激動だったと思う。
本人も激動と言っていたけれど、たぶん私とは指してることが違う。
れんくんの上京がいちばん大きかったかな。
いっぱい考えさせられたし、いっぱい悩んだし、いっぱい泣いた(笑)
けど去年みたいに冷めることはなく、モヤモヤしながらもずっとずっと安定的に好きでいられた。
理由はわからないけど、現場に足を運ぶこともほぼなくなって、その分考える時間が増えていつの間にか割り切ったのかもしれない。
と言うか割り切るしかなかったと言った方が正しいかな。
TVを見たり雑誌を読んだり街中で見かけられた姿の話を見てると、れんくんもどんどん良い意味でも悪い意味でも染まって馴染んで変わってきてるなぁと感じるから*1、いつまでも固定観念のようなものを持ち合わせていてはダメなんだと、どこかで棄てた(切った)のだと思う。
それでも全く忘れられないかと聞かれれば難しいけれど…。
今後ますます遠ざかるし知らないことも増えて行くけど、知りすぎない方が今は楽と思えるし*2知らない方が良いというのもわかっているので、これからも程良い距離を保って応援したいと思う。


今年最後の締めくくりに一つ前の記事で触れなかった箇所について書いて行こうと思います。

ずっとCM出たい!って言い続けてるから来年はもらえますように。
ドラマは演技力と滑舌がアレなので(笑)CMなら!と思ってしまう。
去年カ○ピスのCMに出たいと言ってた話が忘れられないのもある。
雑誌でわざわざ好きな飲み物に「乳酸菌飲料(ぶどう風味)」って商品名出せないからボカしてまで答えてるところとか愛しいじゃん!(笑)だから、そろそろ(笑)
仲良くしてる子達がドラマ出たり決まったりするから感じることあるんじゃないだろうか。負けず嫌いだし。
でも今もドラマ出たいと思ってると演技に興味があると知れて嬉しかった。

試験も試練も乗り越えられますように。
来年高3かぁ…信じたくない。。
ついこの前明日中学の卒業式!とか言ってた気がするのになぁ(笑)
中学生の頃が大好きで未だに中学の頃のれんれんを患ってるけど(笑)でも高校生になってもアイドルを選び続けてくれてありがとうとも思ってる。
高3だから試験があると考えるところ、そこから試練も増えるという考えに至るところ、そういった理由で「試」を選ぶところがれんれんらしい(笑)
至って普通だし「遊」からのギャップ(笑)てか、少クラでは「進」を挙げてたのにいつの間にか今年の漢字変わってるんだが…(笑)

そして、何よりその名をみんなに知ってもらえますように。

叶うといいな。



ところで、ネタになるようなこともレポも書かず、自分がその時その時何を思ってたか記録しておこう〜という適当なブログなのに検索ページに上がっていて申し訳ないです…。
たぶんたまたまクリックして読んでしまった人の多くは私が知りたかったこととは違うんだけど!?!?ってなったはず…すみません…。
ますますポンコツ茶の間になりますが、きっとこのブログを好きな人は少ないと思いますが、もしよろしければ引き続き来年もよろしくお願い致します。


降りてから迎えた夏頃に書いたダイアリーをふと読み返してみたらこんなことを書いていた。
f:id:laullycandy:20151231034803j:image
読み返して、そうであってくれる人だと今もそこは変わってないと確認し、れんくんは本当に素敵な子だと確信する。
不器用ながら一生懸命アイドル力やスキルを身に付けて成長していく大きくなって行くれんくんはとっても愛おしい。愛しさでいっぱい。
れんくんが大好きです。
すくすく育ちますように。


れんくん今年もお疲れ様でした。
そして、最高の一年をありがとうございました。



*1:環境の変化によるものだけじゃなく年齢に伴う成長・変化もあるのだろうけど

*2:以前はれんくんについて知るのが楽しくて仕方なかった。知りたくて仕方なかった。知った時のイメージと実際のズレがなくて嬉しかった。

広告を非表示にする