逆境も追い風にして



たくさんのテレビ誌に掲載されてまるで本当にデビューしたのかと思ってしまうほど。
どれも同じ内容で読んできて正直飽きてしまうけど*1、ところどころ雑誌によって発言者が変わっていたり単語や語句が変わっていたりして、雑誌の文字起こしも案外適当なんだなと思った(笑)

キンプリで話してることにそこまで興味をそそられなかったのだけど、他のページで気になったことがあったので、今回はそこを残しておきたいと思う。


風磨くんがセクパワコンの感想を聞かれて
「ジャニーズJr.って今こんな感じなんだな」って。今をときめく永瀬や平野、岩橋とか。まるで自分のライブかのようにパフォーマンスするなって一瞬思った(以下略)
と話していた。
果たしてそれを良いと思ってるのか悪いと思ってるのか…その後に「俺と中島のほうが酷かった」と続く。
でも、何より『自分達のライブかのようにパフォーマンスしてる』と見えていたことが意外だった。 
中でもれんくんは途中参加なうえに出てる曲も他のJr.に比べて少ないのに、先輩(デビュー組)から見たらそう見えたんだね。
「今をときめく」なんて形容詞が付いてるから言わされてるのかもしれないけど(笑)すごく意外だった。
岩橋さんについては知らないけれど、れんしょおはどちらかと言うとバックに徹していたように(紫耀さんははしゃいでる時もあったが 笑)私には見えた。
同じステージに立つ人から見るとまた別なのかな…
れんしょおみたいに自分達だけで考えて回すコンサートをし続けて来ていると*2、片鱗ではないけれど意識してなくてもどこか自分達のライブ感が出てしまうものなのかもね。

自分達の方が酷かったという話の流れでやり過ぎて咎められたこともあったと話す風磨くんと健人くん。
2人のように目立とうしてなかったと思うんだけどな(笑)
どういう意味で「自分達のライブのように」と言ったんだろう?どう見えていたんだろう?
唐突にこんなことを言っていたので驚いたし気になる。

今になって先輩の気持ちはわかったよね。「なんだ?」と思いつつ、ちょっと頼もしさもあって。それだけ本気で一緒に盛り上げてくれれば、嬉しい気持ちもあるから。
と最後にまとめてる。
「目障りだけど気になるアイツ」のような存在だったのかな。良いように言いすぎかな。
頼もしいと嬉しいと思われているのならば安心と言うかよかったと胸を撫で下ろすけど…。
セクゾンの状況が根底にある以上、今のれんくん達の状況は追い風でもあり向かい風でもあると思うから、色々気を付けてね(誰だよ)


そんな中でエムステ!予想通りキンプリで出演!
初めに軽く紫耀さんがキンプリを紹介。
一方、れんくんは紫耀さんと岩橋さんが話してる間後ろから顔を必死に覗かせてた…。
その姿は見ていて恥ずかしかったよ…とてもうざい(直球)一人だけやってて恥ずかしいからやめような?

クレーンカメラで下から上へと抜ける瞬間下からのアングルでニッと笑っていて可愛い。安定のおちょぼ口になってて可愛い。
その後バック転!!!
バック転する前にきゅっと唇噛み締めていて緊張感が伝わるし気合入れてる!頑張る!って意識してるとわかる。好きしか!
今までで一番きれいなバック転だった!前よりきちんと腕を曲げて回ること出来てたよね!嬉しい!
次にカメラに映る時はいつものおすましぶりっ子れんれん。ニコッと笑顔〜お手もの!
そしてバック転後パンツからシャツがぞろり(笑)
ほんと細いんだなぁ。直そうとしても上手く入らなくて気がそぞろになってる(笑)
立ち位置移動の時に松倉くんとぶつかってる…(苦笑)
それからRAPで勝利くんの「日々の夕陽も」の部分のバックでキメキメのれんれん!
ビシッと指差し!かっこいい!!!
一旦はけて戻ってきたら、ちゃんとパンツにシャツイン(笑)よかったよかった(笑)

れんくん緊張からか振り遅れが尋常じゃなくて目立った。まだ生放送や著名番組に慣れてないんだろうな。
位置も下がってたゆえそういうところが気になる。。
せっかく映してもらってる時も下向いてたし…。
一生懸命さは伝わってきたから早く出来るようになるといいね(誰だよ)
しかし、思ってた程黒くなってなくて焦げてるくらいだったからほっとした。
それと髪の毛切って小ざっぱりしてトリミング完了れんれんで素晴らしかった♡爽やかな青年♡
身長伸びたと思うし、何より顎が伸び…(泣)

バック転の練習の成果が全国のゴールデンタイムで放送されて映像に残るって嬉しい♡かっこいい♡
練習した分だけ精度を上げて確実にして行くれんれんちょーかっこいい♡
こういうところがほんと好き♡
れんくんエムステお疲れ様でした♡



推されるのと引き換えに叩かれる・アンチが増えるのは仕方ないと思ってはいるけれど、邪魔だとか嫌いだとか言われるのを見るのはやっぱりつらいし悲しい…
セクゾンが今みたいな状況ゆえにだいぶ酷くてさすがに覚悟はしていてもつらい…こんな状態じゃなければもう少しマシだったんだろうか…
好きな子が罵声を浴びせられるのは嫌だ…
こういう時、私は愛のある言葉をあたたかい言葉を贈りたいと改めて思う。
私が言葉を綴っても届かないし無力なのは承知だけれど、味方でありたい。


そういえば、健人くんがカメラに度アップで抜かれてる時にバックの紫耀さんがわざわざカメラに映るように顔を動かしていてびっくりした…!
健人くん越しに映ろうとするなんて!何があったの!(笑)
カメラかなり意識して見てたよね。目力が凄いと言うか強いと言うかカメラを射抜いてた…!

最初の話に戻るけど、この様子を見た瞬間なんとなくこれが風磨くんが言わんとしてることなのかなぁと思った。
ただここまで強い意思で映ろうとしていたことは今回が初めてじゃないかなとも思う。



*1:贅沢な話である

*2:まいジャニメンバーとして関西ジュニアとして、いくつものコンサートを熟してきた