思い出の置き場


Twitter+αの内容です。



最近懐古に近いことをしてる。
ただ部屋の片付けに伴い雑誌の整理をしているだけなのだけれど、昔の雑誌を切り抜いていると自然と色々と振り返ってしまう。。
私はファンじゃなかったけれどAの時のれんくんは子供を通り越して赤ちゃんみたいで(笑)私が好きになったなにわ皇子のれんくんはまさしく子供だった。本当に子供(笑)
当時も子供だな〜と思っていたけれど、ここまで幼いとは思っても感じてもいなかったので今見るとかなりびっくりする(笑)
こんなにも子供だったれんくんにたくさんの期待と夢を乗せていたんだと求めていたんだと思うと、ちょっと反省する。
今じゃ「かっこいい」「大人っぽい」「アイドル」という言葉が並ぶ。これが当然の姿みたいに。凄いなあ。
全てにおいて拙かったし時折ムラがあって部活の延長のような部分もあったけれど、子供ながらに考え一生懸命取り組んで真摯に色んなことに応えてくれていたんだなぁと大きくなったれんくんを見て思う。
東京と肩を並べて関東の中に身を置くれんくんを見ながらしみじみと思う。
好きになった時まさか関東の中にれんくんが居て東ジュのようになるなんて思いもしなかった。だからか、なんだか胸がぎゅうっとなる。

今年のクリエは関ジュが何人か見学に来てくれてた。
こういう時の両者の言動から幼いれんくんをアイドルに向いてなかったれんくんを温かく時に厳しく育ててきてくれた関西の環境はよかったなぁと改めて思わされる。
今までれんくんが歩んで来れたのも今のれんくんがあるのも関西のおかげなんだろうって。
だから関西にいたこと・関西の環境を黒歴史だとか悪だとかのようにせず大切に思っていてくれるれんくんが好きだと思う。
一人だけ通いで頑張っていた去年もジャニワの時にだからこそ頑張ると意気込んでくれていたことも嬉しかった。
人によって関西の環境は良い悪い分かれるだろうし私も嫌なものは嫌だと感じるけれど、れんくんのことを考えるとよかったという一言に尽きるかもしれない。
東京のれんくんを否定するつもりはないと言うか、東京のれんくんももちろん好き。
困っちゃうほど好きしかないんだけど、それでも人としてもアイドルとしても子供だったれんくんをある意味守り抜いてくれたと言える関西には特別な感情を抱かざるを得ない。


最近はTV誌に掲載され続けていて今週はジョン。
ピンナップかっこよかった!他の写真は自然な笑みが溢れていて素敵だった!
でも相関図でクリエでの岸くんのことをフリーター呼ばわりしていたと思いきやジョンでは大学生に勝手にしていたり某さんの唇尖らせてるのがわからない発言をしていたり読んでいてヒヤヒヤする…
本人悪気はないんだろうけど、言われた相手は良い気しないだろうし担当の人達からも反感買いそう…
本当に普通の子なんだなぁと思うと同時に生き方が下手な子だなぁとも思う。

また、れんくんのお兄ちゃんエピがちょこちょこ出て来るようになって少し成長したのかなぁと思ったりする。
疑い深いヲタクだけど、SZ大阪の時に下の子達を抱き締める姿はとてもお兄ちゃんで、だから作り話ではないんだろうね。
雰囲気が一気に柔らかく温かく優しくなる。そんな姿にきゅんとする。
この一年で変わったことに お兄ちゃんっぽくなった というのも含まれるかなと思っていて、経験を積んだこと・東京で苦労したこと・かいちゃんと組んだこと、それら去年学んだもの得たものが今のれんお兄ちゃんの一面を構成してる気もする。
もともとそこまでお兄ちゃん気質ではなかったと思うから。
けど、ジョンの相関図で周りからのコメントが完全に子供扱いだったからやっぱりまだまだ中身は子供なのかな(笑)

アイドルとしての生き方も他人への距離の詰め方も先輩としての振る舞い方もすごく不器用で決して上手くないと勝手に思ってるんだけど、
一生懸命試行錯誤を繰り返し思考を重ねてなんとかカタチにしようと繋げようとする、そんなれんくんが好き。

れんくんが今の環境を苦しんでる嫌がってるとか思ってないけど、思い描いてる未来を手に入れて幸せとアイドルを選んでよかったと思える毎日を過ごせたらいいなとは思う。
今もきっと楽しんでると思っているけれど、いつも楽しんでくれてたらいいな。

れんくんなりの在り方を見つけて、これからもれんくんが輝き続けますように。
 


しかし、この頃こういったことしか書けなくてとても情けなく感じてしまう…

広告を非表示にする