優しさしか受け付けられないわ



関西ジュニアにニューフェイスの子達(以下14年組)が入って来た。
その子達が初登場のまいジャニを見ていたら、れんくんが大西さんへ向ける言葉がほんの少し優しくなっていて、14年組が入ってきた効果なのかなと思った。
ニュアンス加減というか話し方のトーン、言葉尻に丸みが帯びていた。
大西さんも先輩になるからかな。
大西さんの発言を立てるようにしていた気がする。
これからもこれくらいの微々たる変化を感じ取っていきたい。
まぁ私の気のせいかもしれないけど。

享也くんが話しながらマイクをどんどん下ろしてしまった瞬間に「マイク!マイク!マイク!」と呼び掛けるれんくんが居た。
一昨年のまいジャニコンvol.2やクリパで「センター!」「靴紐直し」と12年組の子に言っていたのを思い出した。
一昨年はれんくんがしっかりし始めた頃だった。
当時の私はそんなことを言うれんくんに驚きながらも優しいなぁと思っていたのだけど、今のれんくんだと当たり前になるのかな…?
ダメダメなところが多いけど、れんくんがそういうところを気にかけるようになったとわかって当時すごく嬉しかったんだ。
もしかしたら14年組の子から見たら、れんくんの言い方は雑できつく聞こえたかもしれないね。
れんくんなりにお兄ちゃんになろうとしているのだと思う。
頭触らせてたしね(笑)触らせながらも手を払ってたけど(笑)

でも未だに話してる人の方を見るから後列のメンバーが話すと完全に後ろ向いちゃってカメラに背を向けていたり、
舌に力を込める紫耀さんを見たくて必死に顔を動かして覗き込むようにして見る姿があったので、
変わらないなぁとも思った。
オチでオラフをやった後の紫耀さんとハイタッチする際、順番にタッチしてるのに食い気味なぐらい必死で誰よりもアピールしてるし、自らタッチしに手を動かしてた。
まだまだ子供だなとも思う。

今後れんくんがどのように関西ジュニアに関わっていくのかわからないけれど、
新しい子が入ってくることで刺激になっていたらいいな仕事やメンバー(後輩)への意識が変化するキッカケになるといいな。

そう思っていた矢先にSexy Familyへの参加発表が来た…
正直セクゾン界隈の雰囲気(ファンの歪みあい叩き合い)が苦手で離れたのに呼び戻されるなんて…
ただでさえれんくん自身のことを考えて不安が募っているのに今後に対してより一層不安が増してしまった…
でも、CDに声が残るのは純粋に嬉しい。
セクゾン本体のこととかファンのこととか抜けば、れんくんが歌っているものが音源化されるのは本当に嬉しいよ。



紫耀さんが最近頭角を現すというかメキメキと内側に秘めていた力を発揮していて見ては凄いと興奮してる。
前より一層、求められてるもの徹するべき役割を把握してる感じにぎゅうっとなる。
興奮しながらも頑張ってるなぁってしみじみと感じる。
がんばってる、と思ったら失礼なんだろうけど。
お兄ちゃんな紫耀さんにかっこいいってときめくと言うより被弾する勢いだけど、
根底に紫耀さんの空気を読む力・求められているものに応えようとする姿・見え隠れする優しさがあるから余計に見守っていたくなる。
それでも、れんくんが切り離されたら紫耀さんを真っ直ぐ見る自信なんてないから今感じたことを書き残すか戸惑いながらも一応ここに書き留めておく。



14年組の中で特に駿佑くんは当たり前に可愛くて元気よく踊ってるのがまた可愛らしくて、享也くんは顔が整ってて大きくなったらかっこよくなりそうだし意外と大人しくて可愛かった。

そしてかなり気になる子が居る。
恭平くん。安定の14歳(笑)
何度見てもその子ばかり目が行く。
横顔がとても可愛くてつい目が行ってしまう。
あとオーディションの時よりも垢抜けた気がする(笑)
ちなみに享也くんと恭平くんずっと喋ってて笑う可愛い。
普通に可愛いし小生意気な感じも可愛い!!!って思うから生で早く観たいんだけど、いつになるのか。
見た目幼いけど次の春で高校生だし中身はきっと見た目年齢よりも大人なんだろうけど、そこがまたタイプというか心惹かれる要素。
だから、やっぱり早くもっと色んな姿を見たい…!



れんくんも完全に追われる側になったんだなあ‥‥
れんくんの素朴というか普通の男の子感が好きだけど埋もれないようにね負けないようにね。
プレッシャーを感じる時もあるかもしれない。
でもお兄ちゃんのように振る舞うれんれんも駄々っ子甘えたれんれんもどっちも魅力があって素敵だよ。
だから自分らしく歩んでね。