読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積もっていた切なさが



Xmas showお疲れ様でした。
今回は体調不良の人が続出し大変だったと思いますが、なんとか無事に幕を下せてよかったと心から思います。

元からあまり入る気のない茶の間なので、当初からの週一で入るという目標を達成出来てよかったです。
おかげで一週間頑張れた(笑)
始まる前は降りると言っていて、始まってからも降りることばかり考えて降り先を探していたけれど、まだしばらくは見守っていようと思い直しました。


前回更新した後に一回だけ松竹座に足を運んだ。
ジェシーの居る公演で、れんくんがとても懐いていて驚きました。距離が近すぎる(笑)
ジェシーに自分から近寄る姿は金魚のフンもしくはキャンキャンまとわりつく子犬みたいだった。
龍太くんに見せる顔はお子ちゃまで相手して欲しくてたまらない!って感じで嬉しそうで。
いつもより子供っぽくて可愛くて可愛くて仕方なかったなぁ。
まだまだこんな表情するんだって嬉しかった。
以前の小瀧くんに遊んで〜相手して〜って噛み付いてじゃれるれんれんみたいだった(笑)
あとジェシーが居るから二人で話してると標準語が混ざり始めてイントネーションがおかしくなってて、そういうの久しぶりすぎてテンション上がった(笑)
すぐに標準語移るところも変なイントネーションもれんくんらしくてひたすら可愛かった♡
入った日に3階席の方がメンバーの煽りに対して物凄く大きな声で返して、それにびっくりしたれんくんが、あのまん丸お目々になってて!いつものだ!って可愛くて仕方なかった。
れんくんが好きだとしみじみと感じました。


以下、簡単な振り返り。




シルエットでの始まり方はアイドルらしい登場の仕方で好きです。
シルエットだけでもかっこよくて高まる。
と言うよりシルエットまでもかっこいいと言った方が正しいかな♡
それだけじゃなく、姿を早く見たい!ってドキドキさせられる。
ピースからの全員でコマネチ(しかも下手に皆傾いてギュッと寄り添う)
本人達は楽しそうだし、その画が可愛い。

セクサマではれんくんの「告白するよ」の「こ」の片手を久しぶりに生で見ることが出来て嬉しかった。
あと合間に「ドンドンドン!」という訳のわからない合いの手を楽しそうに言ってるところも好きだった。

シンデレラクリスマスは向井平野金内が前で歌って踊ってる中、メインではれんくんだけ残って後ろのせり上がったステージの上で一人で踊ってた。
「ガラスの靴さえ〜」で右足を上げ、その上げた足をタッチする振付を踊るれんくんが軽やかでかっこよくて好き。
最後の方になると、毎公演上手の上の方を気にする。ding dongが始まったら、その気にしていた先から大吾りんが出て来る。そういうことかって納得(笑)

真冬のナガレボシ
花道に颯爽とれんくんが登場する。少しだけ歓声が上がる。
花道からステージの上手に移動。

GIFTはきちんと踊っていて明るく楽しそうで見ていて好きだった。
そこからのもう君以外愛せないで立ち位置の後列センター下手側に移動する。
暗闇の中立つ姿は身長が伸びて一瞬違う人かと思うくらいだった。
いつも真っ直ぐ脚を伸ばさずに少しだけ両足を曲げて立ってた。
回転するステージに移動する時は何回か文ちゃんがれんくんの立ち位置にわざと立つという遊びをしていて、その時に見せるれんくんの表情はとっても楽しそうで。ケラケラ笑ってたなあ。

Flying Birdは紫耀さんから始まる。
少クラではれんくんから始まっていて、そちらに慣れてしまっていたせいでほんの少し違和感。
優馬くんからのお下がりと言われる衣装を着たれんくんが下手から現れて、大車輪のようなセットの階段を上る。
豪華で重たそうな白と金色で彩られた衣装だったけれど、れんくんに似合っていたと思う。素敵な衣装を譲ってもらえたね。
階段を上っているときは永瀬廉そのもので気取らず普通に一段一段ゆっくり上ってた。

そのままSMACK
SMACKを歌い踊るれんくんが好きだった。
透明感のある声が曲調に合う。
それに踊っているときのステップが本当に好き。キュッキュッと左右に踏む脚がたまらなかった。
脚を交差させてから前に出す振付も好き。
暗転した中で片足を付いて両手を床に置き自分が踊る番を待っている姿も好きだった。
ライトを身に付けて踊っている時の手首の角度が不自由な感じはれんくんらしくて好きだし、真鳥達に挟まれてちょっと鈍い感じ・必死な感じもれんくんらしくて好きだ。
あとラストでようやく歯が光ってるのも確認できた(笑)

サンタコーナーでは等身大のれんくんを見ることが出来てすごく嬉しかった。
興味なさそうな顔、楽しそうに笑う顔、隣の大吾りんと話す時の顔、暇を持て余した時の態度、当てて欲しそうな態度etc.
高校生なんだなぁって、普段の顔に近いんだろうなってドキドキした。

10年後の今日の日もが終わって最年少の川北くんが次の紹介をして幕が上がる。
曲が流れ始めた瞬間、黒スーツを身に纏ったメンバーが現れる…!
超超超かっこいい…!!!!
後ろ姿が本当にかっこいい。
興奮が止まらなくて食い入るようにのめり込むように見た。
スタイルの良いれんくんはスーツが映える。更にかっこよく見えた。
お辞儀をするところも手を裁く振付も美しくてかっこよかった。所作が綺麗だった。
サンキューのところも指でピース作るところも手に指に注目した。
Explosionでは「Just show me non-fiction」というところで一人だけ動きを止めて真っ直ぐ前を見て言うの。れんくんだけ時が止まってるかのよう。かっこいい。
Blast〜のところで左右に手を伸ばし動かすところは腕が長く手が大きいこともわかって興奮した。ドキドキした。
終わったら肩で息をしていて、そんな姿にも興奮した。
全身全霊をかけた永瀬廉にときめく。
男だって見せつけられる感じがたまらなかった。

ハピラキは着替えが遅いのかいつも一番最後に出てくる(笑)
前の2曲で明らかに体力を使い果たしていて、ここでは手を抜いてるというか全力は出せない様子。

MCではれんくんの逞しくなった腕が堪能できた(笑)血管が手の甲にも腕にも浮かぶようになってた。
相変わらず身体自体は細かったけど。
あとこの時にもともと腰パンのズボンを更に下げようとしてて男子高校生め…と思った(笑)
お手紙に遠回しにやめて下さいって書いたんだけど(笑)翌日に全くしなくなってたってレポ見かけて念力が通じた気がした(笑)手紙読んでないだろうけどね。念じること大事だなって(笑)
そして去年の冬より自ら発言することが増えた気がする。
「ほんまそれ!」「いや!」って楽屋トークもしくは日常会話のような言葉を頻繁に発していたけれど、そういう普通のリアルな反応を見せてくれるところが好き。
お喋りする声がたくさん聞けて嬉しかったな。




続く