読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

止まらない胸の高鳴り



15日の康二くんの手紙に「これから色々あって大変だと思うけど」という一文があった。
これから何が待ってるんだろうか…
つい言葉の裏側を覗こうとしてしまうけれど、たまたまそういう表現を使っただけなのかもしれないよね。
最後に「廉らしく頑張って下さい」と言われていて、康二くんの割に(失礼な表現だが)今回の手紙はふざけてない内容だったなぁとも思ったから気になってしまった。
後半その場で考えたのか?って思うような読み方だったけど。

とは言え、康二くんのお手紙はいつも最後の食べ物に全て持ってかれるから楽しく終われて良いね。


「マイペースな廉で」「廉らしく」と言ってくれるのは肩肘張って神経尖らせてアンテナ張り巡らして頑張ってるってことを知ってくれてるのかなぁ。
本当のれんくんをわかってる人が居て、そして言葉にしてくれる人でよかったね。
もしかしたらこの優しい言葉がれんくんを苦しめる日が来るかもしれないけれど、様々なことを一人で背負い込んでるように見えるれんくんには救いになるかな。


ほんとれんくんかっこよくなったね…立派になって…ってコンサート中何度涙したんだろ。
前列やセンターに立って全てを当たり前に振る舞ってることもお兄ちゃんぶってるとこも今までだったら見られなかったなぁと思って…。
春の時はそんな余裕なかった感じだった…自分に必死で紫耀さんとさえ上手く対話できてなかったように思うから。

って、しみじみ思いすぎてだんだんお前誰やねん状態(笑)

私もド新規だけど、
今れんくんに出会った人・これかられんくんに出会う人は、こんなにかっこよくて眩しくて頼もしいれんくんを目にするんだ!ってワクワクドキドキする。
その人達は今までのれんくんを知らずにこれが「初めてのれんくん」「アイドル永瀬廉」になるんだね。
言葉で表しにくいんだけど、凄いなあ…!!!
どんな世界なんだろう、どんな風に見えるんだろう!?
眩しくて、きらきらしてて、輝いてて、颯爽としていて、きゅんとさせられて、、、
この姿に惹かれて落ちるのかあ素敵だなって思った。
最高の出会いだろうな。

だから、と言う訳でもないけれど、
このまま真っ直ぐ煌めき離さずに輝き続けて欲しい。
最高のアイドルになって欲しいって思う。
スポットライトも豪華な衣装も驚くほどの歓声も目立つポジションも全部掴んで離さないで、むしろ全てを奪って高みを目指して。
かっこいいかわいいって形容詞がとびっきり似合うアイドルでいてね。


前から言い続けてるけれど、
意外とね、見てると普通の男の子なんだよ。
普通の男の子感がたまらなく好き。
でも、その普通を持ちつつもファンに向ける姿や態度はアイドルで、二面性を持ち合わせてるところが大好きだと毎回確信する。
優しい心持ちも純粋な感性も出来るだけ保ったまま歩んでいって欲しいと思う(これは私のワガママ)


松竹座のれんくんは緩やかで穏やかで、れんれんがれんれん自身のために力を使い 時を刻めてる気がするよ。

れんくんの纏う雰囲気が好きだなって思えた冬だった。
等身大だったり不機嫌だったり飾らず爆笑したり焦ったり、かと思いきや凛として張り詰めた空気を漂わせたり、研ぎ澄まされたかっこよさを見せたり、とびっきり可愛いくて時にお子ちゃまみたいだったり。
松竹座のれんくんは色んな姿を見せてくれる。
また大切にしたい「大好き」が増えた。