読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でもその時は もう今とは違う



twitterの雑感にプラスα



ナビを読んでたら、れんしょおがメキメキと成長して行ってるのがわかって感無量。インタビューで答えてる内容の重さが変わってきてる。
れんくんは感じてること考えてることが想像以上にあるとわかるし、紫耀さんは意識がどんどん変わって行ってるのがわかる。

れんくんのテキストを読んで胸がぎゅうと締め付けられる…文体はれんくんの口調のままで話してる姿が想像できるくらいなのだけど、文章の中に散りばめられた言葉の数々が胸に来る…
「ドリボのことで頭がいっぱい」「できることならこの現実から逃げ出したいくらい」「不安で緊張してる」「恵まれているけどプレッシャーがヤバい。だから最近の大阪と東京の移動中は、仕事に関しては必要最低限のことしか考えないようにしてる。考えると不安になっちゃうんですよね。」
こんなネガティブな言葉ばかり並べられたインタビューを読むのは初めてで、しかも「逃げ出したい」とか「必要最低限のことしか考えないようにしてる」とか読んでるだけでもきついというか苦しくなるような表現ばかりで…大丈夫かなと思ってしまう。。
でもね、その後に「このチャンスを逃したら、あとはもうないと自覚してるから、本気で立ち向かおうと思います」と続く。
泣くわ!様々なことを考えて感じて思って出た言葉なんだろう。何とも言えない。
読み終わった後でも「このチャンスを逃したら、あとはもうないと自覚してる」という箇所が頭から離れない…心にずしっとのしかかる‥‥
「推される」ということはまるで諸刃の剣みたい…。
本人が受け(止め)てるモノを考えると泣きそうになるけど、このこと*1をはっきりと言えるれんくんはかっこいいよ。
それと「恵まれてる」と自覚してるんだね。今の状況を恵まれてると感じることはJr.の世界に居たら当たり前なのかもしれないけれど、そのことを言葉にしてくれて正直少し安心した。ちゃんとわかってるんだって。
見ていたら理解してるんだろうなと推測できるけど、言ってくれると安心感が違う。大丈夫だって思える。
ほんと自分にも周りにも負けないで勝ち進んでね。

あとフリーの表現が苦手とかガチガチのダンスとか見てて気になってたところ、れんくんも考えてるんだとわかって、さすが出来る子!と思った(笑)
春の松竹で紫耀さんにもフリーの表現に関して注意受けてたし、そういったことって一番本人が感じることなんだなぁ。
ちゃんと課題を見つけて研究・勉強して考えて…試行錯誤してるみたいでよかった。重要な時に冷静な判断と自分を客観視できるって大事なことだもん。


紫耀さんはシャークがよっぽど厳しかったんだなぁと薄々?感じるくらい演技に対しての取り組む姿勢が変わってるというか熱い。
というか最近自分の活動に熱いよね?以前より気持ちが文章に出てない?気のせいかな?
それとライバルとして2人(れんとかい)を捉えてるといった発言もこの人は頼りなるって思わされた。
一人でもこういった意識を持ってくれてると刺激になるし、ぐだぐだの関係では終わらなくて済むだろうから。
去年の日生で出番がないからって舞台中楽屋で寝てたと言ってた頃とは大違いだね(笑)
あと「会場を一体にして盛り上げる難しさをすごい感じてます。でもお客さんに頑張ってもらうんじゃなくて、心から楽しんで乗ってもらえるステージができるように頑張っていきたいです」と言ってて、やっぱりなぁと。
紫耀くんクリエの時誰よりも一生懸命煽って、率先して煽りを担ってたもんね。
個人的にこの面でも紫耀さんは頼りにしてる。
いつまでれんくんと一緒かわからないけど、隣に居る紫耀さんの視野が広くなって行ってるようで嬉しい。


それにしても、たかいとのインタビューはいつ読んでもかっこいい!
「自分が何をどうやったら何かを伝えるられるか、それを楽しみつつ探って、その中で自分の伝え方を磨いていけたら」「何事も頑張らなきゃ報われない」
15歳(ちょっと前まで14歳)の子が言うこと?かっこよすぎる…!
入所して一年ちょっと経った子から聞くとは思わなかった。
でも小さい頃からダンス習って大会出て…そんな生活を送ってきたからこそハートが強くて、こんなにもプラスの言葉が出てくるんだろうね。
ほんとかっこいい!
たかいとと組むことも良い刺激になるだろうと思う。
強心臓の怖いもの知らず、そして言わずもがな努力して完璧に仕上げてくる、それに何事でも楽しんでる。
すごくステージに向いてる子が側に居るのも何かしら良い影響があるんじゃないかなと。



とにかく、この3人は本当に三者三様で、それぞれ考え方や視点・観点が被ることがほんとんどない。
だから面白い。
お互いに見てるモノ(見えてるモノ)が異なるから、未知の世界(1人は見ているけれど残りの2人には見えていない)を知ることが出来るんじゃないかなぁ。
それは考え方やスキルだけじゃなくて心意気や意気込みや気持ちとか外側〜内側様々なことを含めて。
そして、補い合うと言うか‥‥知って自分のものに蓄えにすることが出来そう。

もう今の時点で、9月には外見も中身も『新しい永瀬廉』に出会うんじゃないかなとドキドキしてる。
もちろん一ヶ月終えた後の姿にも。


*1:「このチャンスを逃したら、あとはもうないと自覚してる」