読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014.1.23



永瀬廉くん、お誕生日おめでとうございます♡
実りの多き一年、笑顔溢れる一年となりますように'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

f:id:laullycandy:20140122002117j:plain


たった一年なのに14歳になった頃と風貌は変わり背丈も随分と大きくなりました。伴って身も心も持つ力も雰囲気も研ぎ済まれたような印象を近頃は受けます。
14歳の廉くんは中身は悪ガキなのに(笑)触れたら脆く壊れてしまいそうな儚げな雰囲気を醸し出していて、まさしく硝子の少年のようでした。ずるい(笑)
でも芯は強くて負けず嫌い。ジュニアと言えどれっきとしたアイドル、なのに飾らない等身大の中学生でもありました。

10代の少年の成長は早いですね。
撮られることにも映ることにも慣れてきたように思います。
もちろん踊ることも歌うことも。
少しずつ慣れて、少しずつ上手くなっていってる。しっかりとした足取り。

14歳は激動の一年だったと振り返って思ったけれど、今年はどんな一年になるのかな?
経験したことはどんなことでも無駄にならないだろうから、たくさんたくさん社会の波に揉まれて素敵な人になって行って欲しいと思っています。
小中高時代は人として様々なことを形成する大切な時期。そんな貴重な時間をアイドルに割いてくれて嬉しかったです。
と言うより、むしろ割くどころか常に仕事を優先に考えてくれていた(念頭に置いていた)ように思います。
本当に眩しくてかっこいい14歳でした。
そして、15歳になっても放課後アイドルを続けてくれるであろう廉くんに「ありがとう」と伝えたいです。
もちろん学校と仕事の両立を可能にしてくれている廉くんを取り巻く人々に感謝しています。普段の生活が侵されていないから(安定している・協力がある・守られているから)今ステージでTVで廉くんの笑顔や楽しんでる姿が見られるんだろうな〜って。

普通の14歳なら多くの人から視線や注目を浴びなかっただろうし、必要以上の期待を背負うことも大きなプレッシャーを感じることもなかったと思います。
その小さな背中にどれだけの夢や希望期待を乗せられているのか。
この一年で一気にファンが増えました。周りの大人からの要求も増えました。
人の数だけ想いや考えがあります。
これからも増え続けるだろうけれど、この一年は急激にのしかかったと思います。
その全てを一手に引き受ける。
本人は背負ってるつもりはないだろうけれど、知らず識らずのうちに寄せられる。
想像していた世界と違っていたかもしれないし、違っていても平気かもしれない。まだ気付いていないかもしれないし、もしかしたら何も感じていない(気にしていない)かもしれない。
一般人の私からすればとても特殊な世界だと思うけれど、それでもきっと自分を捧げた分・努力した分先に繋がるはずで、もしこの先今の仕事を続けない日が訪れたとしてもこの時に得たものは必ずしもマイナスではないと思います(と言うより、黒歴史だと思って欲しくない気持ちが強いだけだけど)
だから自信を持って今まで通り歩んで行って欲しいです。


14歳は次々と人を魅了し心を奪って行った一年でした。
素直に感情を出してくれるところは本当に真っ直ぐで可愛いし、チャラかったりマイペースだったりクソガキの一面もむかつくけど(笑)可愛い。
ちょっとずつ前より素顔を覗かせてくれるようになって嬉しかったです。
ふとした瞬間に見せる表情や仕草が愛しかった。
本当に可愛くて本当にかっこいい。

きらきら輝く潤んだ瞳
きゅっと口角の上がった可愛らしい唇
真っ直ぐ綺麗に伸びた腕
指先まで美しい手
薄くて細い腰
長く引き締まった脚
華奢な体
そして何より光を反射して光る水面のような儚く透明で繊細な眩い雰囲気

全部大好きです


15歳、高校生になりますね。
もっと強く意志を持ち始め、思考を凝らし、明確なビジョンを持つようになる年齢の第一歩だと思います。
そして高校生になることで仕事の幅というか機会が増える・広がるのでしょう。
今からとても楽しみにしています。
普段の所属である学校が変わることによって環境にも変化が起き大変かもしれないけれど、最初に出会った頃の『真摯で思いやりのある優しい男の子』である部分は変わらずに居てくれたら嬉しいです。

廉くんを好きになって応援するようになって真っ新な気持ちで何事も受け取っていたはずなのに、結局またもや気持ち悪い重いファンになってしまっていて申し訳なく思っているのだけれど(何にでもはしゃいで喜ぶ可愛いファンじゃなくて本当にごめんなさい…)願うことは
15歳の廉くんに幸あれ…!

15歳になった廉くんを見るチャンスがありますように。


最後に、今日一日廉くんにとって素敵な日になるといいなと思っています。



広告を非表示にする