読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縦読みと斜め読み


どこにもURL貼ってないのに地味に毎日アクセスがあって驚いてます。
誰がこんな愚痴っぽい意味不明なブログに訪れてくれてるんだろう…?
つまらない内容しか更新してませんが、ひっそりこっそり綴る程度なので許して下さい。



最近Twitterよりブログに思うコトを書きやすいと実感しています。
Twitterはブログより書くのが簡単。ということは見るのも読むのも簡単。
実際その通りで140字という限られた文字数の更に上澄みだけを取られがちで、勝手に私の思考を決め付けられている。
それが嫌であまりツイートしたくなくなった。
私が140字だけでもわかってもらえるような文章を書けばいいのだろうけど、なかなか難しくて。だからと言って、ブログでも上手く書ける訳でもないのだけれど。
ただただその瞬間に浮かんだ気持ちや言葉を文字に変え形として自分の中から放ちたいだけなのに、自分とは考えなどが異なるからと言っていちいちケチを付けられるほど面倒なことはない。
140字という短さだから手軽に気軽に書けるという謳い文句のTwitterでも、こう見えてもかなり考えてからツイートしてます。何度も打ち直し何回も読み直す。使う単語だって一度意味を調べてから使うこともする。それくらい慎重にしてます。
それに他の人のツイートを読んでいる時もここに書かれてること以外にもっと背景や考えや気持ちがあるのかもしれないと思いながら読むようにしています。
それでもああだこうだ言われるのなら、こういう過程も無駄なのかな‥‥

なるべく色んな意見を知りたいし情報を得たいからTwitterを辞める予定はありません。
対象が若いから同じ相手を応援していてもスタンスというより考え方が似てる人に巡り会えないなぁと思っている毎日です。

それにしても、なにキン担当の世界って狭いね‥‥ただでさえ関西担というだけでも狭いのに(溜息)たまに物凄く嫌になる…

最近降りる人が多くて、その分ちゃんと私が見なくちゃと思う

という言葉にTwitterを巡っていて出会ったことがあって、この言葉が頭の中を過ぎります。
こういう風に思ってくれる人が居るから降りれるんだろうなぁ。
これから先を見届けてくれる人がいると思うと安心します。
一途に長く応援してる人からすれば無責任だと思われるかもしれませんが、ファンになった時に最期まで見届けることを任された訳ではありません。
別にファンに何かの役割がついている訳でもありません。
こんなもの、たかだかヲタクが作り出したファンとしての存在意義です。
だけど、発信する側(タレント)がいる限り受信する側(ファン)は居ないより居る方が良いに決まってるだろうし、受け手が少ないより多い方が良いでしょうね。

もっと現状を楽しめるファンになりたいです。めざせカジュアルヲタク!


広告を非表示にする